FC2ブログ

女性のエッチ告白体験談集

女性のエッチ告白体験談集を厳選して集めてます。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

朝からセックス



由紀子です。
主人が飲み会から帰ったのは、、、たぶん12時過ぎ、、、。
私は11時くらいにはベッドに入ってました。
そしたら主人が帰ってきて…。
「由紀、寝てる?」
「、、、(うとうと)」
「、、、、。」
そう言いながら、ベッドに入ってきて私の体を触りだしたんです。
私は主人が触りだしてるのが解っていたのですが、
知らない振りしてそのまま寝ていたんです。
主人は胸を触ったり、、、そのうちめくり上げて胸を吸ったりしてきたんです。
「もぉー、あなた酔ってるんだから、今日は嫌よぉー」って
言ったけど全然止めてくれないんです。
「今日は、大人しく寝てね。もう遅いし」
「二次会も行かずに帰って来たのに、、、僕は大丈夫、、、由紀も、濡れてるぞ」
とか言いながらあそこを触りだしたんです。
「ほんとに眠いから、、、だってあなた酔ってるでしょ?」
「今日は自分でした?」
「ん?、、、してない」
「いや、してる、、、絶対してる」
「してない」
「ほんと? ほんとにしてない?」
「うん」
「したくない?」
「今日はあなたが……、だから寝ましょ? ね?」
「じゃ、由紀は寝て。僕だけ由紀を触りながら寝るから」
「そんなんじゃ、私も寝れないでしょ?!」
「じゃ、寝なくていいから」


なんか変な会話をしながら、主人が胸を吸ってきたり揉んだりするんです。
そのうち下着も脱がされてあそこを舐めだしたんです。
「あなた、ほんとにやめてよ。気持ちよくなってきたけど、、、明日も早いんでしょ? だから止めよ」
「大丈夫」
そう言いながら口であそこを、両手で胸をずっと刺激してくれるんです。
私はすごく気持ちよくなって眠気も飛んじゃって(微笑)
主人にされるがままになっていました。
「ほんとに一人でしなかった?」
「、、、、寝る前にちょっとだけ」
「やっぱり、、、じゃ、胸は自分で触って、僕は由紀の○○○○を、、、、。」
私は自分で胸や乳首を触って、主人はあそこを刺激してくれていました。
そうしているうちに私がイッちゃって、主人は満足してくれたみたいでした。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 人妻 | 13:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私の教えたことが役に立ってるといいんだけど



去年の夏のお話でーす。
義父が急に入院することになって、義母が付き添いするので
夫の実家がお祖母ちゃんと義弟だけになっちゃうから、
私が家事とかのお手伝いに行くことになりました。
夫は仕事があるから、私一人で行きました。

夫と住んでいる家からは車で三時間くらいかかるので
泊り込みです。

お手伝いにいって、5日目くらいのこと。
おばあちゃんはデイケアに行ってて、高1の義弟は部活。
私はお昼ご飯の後、疲れてちょっと昼寝しちゃいました。

寝ているとなんだか息苦しくて、誰かが上に乗っかっているみたいでした。
それにシャツの中に手を入れて、おっぱいを触っているみたい。
寝ぼけていた私は、夫がいたずらしてるのかな?って思ったけど
・・・そーいえば、ここは夫の実家だ!と気がついて急に怖くなりました。

薄目を開けてそっと見てみると・・・義弟でした。
義弟は寝ている私にのしかかる様な感じでシャツを捲り上げて、おっぱいを揉んでました。
まだちょっと寝ぼけ気味の私は心の中で「ヤバイヨヤバイヨ」となぜが出川の物まねをしつつ
頭も回らなくて、とりあえず寝たふりをしていました。

義弟は手のひらで両方のおっぱいを包んで、ちくびを転がしながら揉んでいます。
時々、おっぱいの谷間に顔をうずめて、すーーーうっと匂いをかいでいるみたいでした。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 人妻 | 02:54 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

みだらですよね、私



気持ちのいい体験はいっぱいありすぎて何から書いていいのかわからないけど
一番最近の一番気持ちよかった体験を書きたいと思います

まずは私の紹介
顔は自分では思ったことはありませんが矢田亜希子に似てるといわれたことが
数回あります。目が似てるみたいです。背は低めですが小さいころからバレエやダンスを
習っていたのでスタイルは悪くないと思います。胸はCカップ。痩せちゃったので随分ちいちゃくなりました(ショボン
去年結婚したばかりです

では本題・・

去年、旦那様とクリスマスが終わってから北海道旅行にいきました
久しぶりの旅行だったので二人ともすごくはしゃいでて、美味しいって有名な
ジンギスカン屋さんにいき、たくさん食べてたくさん飲みました
帰り道はぶらぶらとイルミネーションを見ながら寒い札幌の夜をお散歩して
コンビニでまたお酒やおつまみをいっぱい買ってホテルに戻りました

ホテルはすごく綺麗なお部屋でホテル側のご好意でプチスイートに無料アップグレードしてくれていたので
これまた豪華。。。
結婚してからラブホテルなんて行かないし、お家が当たり前だったので
部屋に戻った時点で二人とも大興奮。。。
でもせっかくの夜だから我慢我慢と、とりあえず買ってきたお酒を飲み始めました

お酒もどんどんすすんで酔いも回ってきてもうすることは1つですよね
旦那様が、がばっと襲うように私に覆いかぶさってきて、ソファで激しくキスをはじめました
いつもより激しいキスで、着ていたセーターもたくしあげられて、ブラジャーの上から
激しくおっぱいをもまれて、酔っ払っていたせいもあって私も興奮しっぱなしです。。
強引にブラジャーをしたに引っ張られ、あらわになった乳首を交互になめられて、、
電気もテレビもつきっぱなしだし、ソファの上だし、恥ずかしかったけどいつもと違う
彼の激しさに自分でもわかるくらい濡れてました。。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 人妻 | 15:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

若い男の子の厭らしい視線が私に



今夜は主人の帰りが遅くなると聞いていたので、さっきまで家から少し離れたショッピングモールに行ってきました。

パートから帰りシャワーを浴び…黒いショーツを履き…ノーブラで黄色のキャミを着て…白いタイトミニを履き…裸足にサンダルという格好で出かけました。

近所の人に見られないようすばやく車に乗りショッピングモールに向かいました。駐車場に着き車から降りた瞬間から
”ああ…私…これから知らない男性達に視姦されるんだ…”
と勝手に思い込みドキドキし始めました。

ノーブラで体のラインが分かる格好で私は店内に入っていきます。

平日のせいか空いていました。歩いていても男性客をほとんど見ませんでした。でもすれ違う男性の視線は感じました(自意識過剰かな?)
エスカレーターに乗ればスカートを覗かれるかなと思い乗りますが…タイミングよく男性は乗ってきません、少し歩くとブティックに大学生風の若いカップルの姿が見えました。おまけに男の子は私の好みのタイプです。
”デート中のあの若い男の子に少しいじわるしちゃお…”
私はカップルに近づきました。

私は男の子の視界に入るように屈んだりして、胸元が見られるよう期待していました。

最初は男の子は彼女の手前、私をちらりと見ていただけでした。しかし彼女が試着室に入ったとたん、私の方に視線を向ける回数が増えてきました。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 人妻 | 13:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私達夫婦の奴隷のようなセフレ



御近所の家庭1組とうちの家庭1組の計2組で温泉へ1泊2日の旅行へ出かけた。
Yさんのお宅は3人、うちは4人で車1台に乗って出かけた。半日程ドライブ兼ねて移動し温泉街へ到着。
ようやく風呂と飯にあり付ける。
私は少し疲れたので部屋で仮眠した。1時間程仮眠し、めを覚ますために風呂へ行くことにした。
Yさんの御主人が慌しく帰り仕度をしているので、どうかされたのか?と聞くと会社でトラブルが発生した
ので急遽東京へ戻らなくてはならないとのこと。「妻と子供、よろしくお願いします」と一礼し、御主人は
帰っていった。


仕方ないので、みんなで夕食を食べてゆっくりしていた。私の妻とYさんの奥さん、子供達が温泉につかると
言って部屋を出て行った。仲居さんが来て、「お布団敷きますけど、どうします?」と聞かれた。
「こっちに5人分敷いてください」とお願いし、「私の分は隣の部屋へしいてください」とお願いした。
Yさんの奥さんと妻、子供達を1つの部屋にするのが普通だろう。私は自分の部屋へ戻り、ビールを開けて
飲みながら、有料チャンネルを見ていた。当然エロビデオに決まっている。久しぶりのエロビデオなのだ。
2時間程経過、夜10時を廻った頃、私の部屋のドアにノックが。
どうせ妻だろうと思い、エロビデオをつけっぱなしにして玄関先へでた。ドアを開けるとYさんの奥さんがいた。


「・・・どうかしました?」と聞くと
「今日は何かとお世話になりました。差し入れにビールでもと思って・・・」と気を使ってくれていたのだ。
私はその行為に甘えて頂戴することにした。
「奥さんが子供たちと寝てしまったもんですから、何か手持ち無沙汰で・・・・・御迷惑でした?・・・」
「・・・・そんな迷惑だなんて、とんでもない。さあ、どうぞなかへ・・」と部屋へ案内した。
「しまった!・・・・」と私は叫んでしまった。エロビデオをつけっぱなしにしていたのだった!
奥さんは「・・・ご主人、お盛んですね~笑 と笑いながらあっけらかんとして座布団に正座した。
「い、いやあーお恥ずかしい・・・・笑 私も笑いながら誤魔化すので精一杯」


ビールを飲みながらあれやこれやと雑談をした。夜12時を廻った頃だった。奥さんもかなり酔っているらしく
浴衣が全体的にはだけてきている。私は極力見ないようにしていたのだが、奥さんの胸元から大きな乳房が
見え隠れしだすのをこれ以上、見ずにはいられない状況だった。私は下のほうへ目線をずらすと奥さんの腹部
から陰部に掛けても浴衣がはだけている。角度によってはどうも陰毛らしきもの?がちらちらと見えるような
気がした。私はわざと机からタバコを落として奥さんに拾ってもらうよう仕向けてみた。
案の定、浴衣がもっとはだけて陰部がおよそ見て取れた。陰毛だ!と、言うことは奥さんはノーパンと言うこと
になる!そして、冷静に考えると奥さんは下着は一切着ていないことになる!浴衣1枚きりなのだ!
私は、抑えることができないチンポを無理やり手で押さえて懸命に我慢をしたのだった。奥さんはその事実を
知ってか知らずか、不謹慎にも亭主以外の男の前で半裸体に近い状況をあらわにしながらお喋りしている。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 人妻 | 14:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。