FC2ブログ

女性のエッチ告白体験談集

女性のエッチ告白体験談集を厳選して集めてます。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新たに 「SEX」という選択肢



こんにちわ☆はじめまして。
16歳の癒真(ゆま)と申します。先日、親戚のRとの体験を話させて頂きます♪
親戚って言うのは、親同士がいとこなんです。
俗に言う再従兄弟(はとこ)っていうやつです。
生まれてからからずっと一緒で、家も同じ一角にある為、
お互いの家に泊まり合うとかも全然普通だったし、
同じ部屋に二人きりで寝ていても親は当然兄妹の様にしか思っていないので
なにもいいませんし、幼稚園・小学校・中学校と同じ学校を卒業し、
一人っ子の私には兄の様な弟の様な存在です。
しかし、恋愛感情が全くなかったのかというとそれがそうでもなく、
Rはルックスがいいし、身長183cmとスタイルもいいし
昔からよく知っているその性格も私好みだし・・・ってかんじで・・・


本題に入りますが、その日私の母とRの母とRの母を先頭として、
祖父や祖母や大叔母、大叔父などをここから車で4時間くらいかかる温泉へ
泊りがけで2日間連れて行っている日でした。
何故私とRは行かなかったのかというと、移動時間中にやるTV番組で、
どうしてもリアルタイムで見たいものがあったからなのでした。
二人残るとなると、親たちは
「わざわざ離しとくこともないからどっちかの家に二人詰め込んどいていいんじゃない?」
ということになります。
必然的に私とRは二人きりで同じ屋根の下というわけです。
とはいうものの、みたかったテレビを見て満足した後はお互い暇人。
同じ部屋で漫画の貸し借り・ゲームなどいつもと同じ時間が過ぎていきました。
昼過ぎ、いつもは夜に入りますが、
後々掃除するのがめんどくさくなるのでその日は13時頃にお風呂に入りました。
私が上がって、Rが入って、
その間はベッドの上でうつ伏せになってボーッとしていたんです。
で、Rがあがって来て、部屋に入ってきたんです。
そしてしばらく携帯をいじったあと、パフッと隣に倒れこんで来たではありませんか。
何をしでかすのかとおもいきや、ベットの上にあったクッション(とてもやわらかいです)で
思いっきり腹を殴ってきました。
痛くはありませんが、そこからふざけ合い・戦闘の開始でした(笑)
もう無我夢中でクッションで殴り合い(笑いあいながら)、
お互い負けず嫌いなものだから一歩も譲らず、
気づいたらRは私の上に馬乗りになっていました。
片手で両腕を押さえられてしまい、もう全く身動きが取れない状況・・・
動きすぎて息が切れ、苦しい状態に加えてRが乗っかってるとなると
もう呼吸困難になりそうで、辛そうに私がしているのをみて
満足げな笑みをRは浮かべていました
それで、しばらく呼吸を整えるのに無言で呼吸を繰り返していると、
なんと鼻をつまんで口を手で押さえてきて、呼吸ができない!
苦しくて限界で脚をバタバタさせると、
やっと手を離したので放心状態で息を吸っていると、
不意に唇に柔らかい感触が……。
「え!?」とびっくりしていましたが、
それよりも呼吸が苦しくて苦しくて…
やっと離れたと思ったら直ぐに2回目が…
しかも舌が私の唇を割って入って来て、口内で舌と舌が絡まると、
私の口角からはどちらのものか分からない唾液がつたいました。
しばらくキスが続き、Rは唇を離すとこちらの様子を伺いつつも
不敵な笑みを浮かべていました。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 近親相姦 | 22:12 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

義父が可哀想、いとおしい



私はある田舎の村で生まれ育ちました。
中学を出るとすぐ隣町の紡績工場へ就職し、
女性ばかりの職場で働いていましたが、18歳の時に縁談があり親の勧めで婚約しました。
近所のおばさんたちは「かずちゃんは、ぽっちゃりしていて色白だし、
気立ても素直だから、きっとでいいお嫁さんになれるよ」などと言われ、
少々太めだった私は恥ずかしさで真っ赤になったことを覚えています。
嫁ぎ先は2人家族で、24歳の夫になる人と、52歳の父親でした。
お母さんという人は5年前に亡くなったそうです。
家は、農家が点在する山間の農家で、親子二人で農業をしていました。
夫はおとなしい性格で決して悪い人ではないのですが、
いろいろなことに無気力でちょっと物足りない人で、
なにかというとすぐ義父を頼りにするような人でした。


夜のこととなりますと、夫は夫婦の営みがまったく淡白で始まったと思うとすぐ終わってしまい、
恥ずかしいことですが、その後私はいびきをかいている夫の横で手を下のほうに伸ばし、
声が漏れないように布団のすそをかみ締めながら自らを慰めることもしばしばでした。
義父は寡黙な人ですが、私が困っているような時はすぐ力を貸してくれるような人で、
色黒で険しい表情をした一見怖そうな人ですが私はとても頼りにしていました。
ある風雨の強い深夜、夫との味気ない営みが終わっってしばらくした後お手洗いに行き、
部屋へ戻ろうとした時、義父の部屋がまだ薄明るくなっていたのでなんだろうと思い
そっと障子の破れ目から部屋の中を覗いてしまいました。
薄明かりに目が慣れて見た光景に私はびっくりしてしまいました。
義父は、寝巻きをはだけ、うつ伏せになって真っ黒な逞しい体を波打たせ、
低いうめき声を上げていたのです。義父の自慰を見てしまったのです。
しかもその声は、確かに「和江、和江」と言っていたのです。
早鐘のように打つ胸を抑えながら自分の寝床に戻り朝まで寝付けませんでした。
性とはまったく関係がないと思ってい義父が、とりつかれたように自慰に耽っている。
しかも、私の名前をささやきながら。
無理もない、お母さんが亡くなってから何年もたつんだからきっと男性として切ないのでしょう。
そう思うと義父がいとおしく、私がお世話をしてあげなければ、と思うようになりました。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 近親相姦 | 12:36 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私は兄達に何度もイカされてしま ったんです。



はじめまして。私には兄が二人います。
4歳上で大学生の雅兄ちゃんと、2歳上で高三の博兄ちゃんです。
私達は昔からとても仲の良い兄妹でした。
兄達はなんでもオープンなところがあり、昔からお風呂あがりには
全裸で室内をウロウロしたりしているので目のやり場に困ってしまいます。
それは大人になった現在も続いています。
私としては恥ずかしがるそぶりをしたりしては、かえって気まずいので
平静を装っているんですが…。

私ももう高校生、人並みにセックスには感心があります。
男の人の身体にも当然興味はあります。
つい視線が兄達の股間にいってしまうんです…。
そして夜寝る前、べっとに入って頭に浮かぶのは
兄達の股間でブラブラ揺れていたアレのことばかり。
思い出しながら自然に指がアソコにいってしまいます。
興奮した私は一人エッチを始めてしまうんです。

実の兄のアレを想い浮かべてするなんて、いけないことなんだって思えば思うほど
ますます興奮しちゃって。結局毎晩同じことをしてしまうんです。
でもまさか兄達と、あんなことになるなんて思ってもいませんでした。
うちは母子家庭なんですが、その日は母が仕事先の社員旅行(泊まり)のため
家で私達兄妹は留守番をしていました。

晩ご飯と入浴を済ませた私は居間のソファに座り雑誌を読んでいました。
兄達も次々と入浴を終え、いつものように全裸で肩からタオルをかけただけの
かっこうで私の正面のソファに座りビールを飲んでいました。
ちらっとアレを見ると、雅兄ちゃんの赤黒い棒がいつもより大きく
腫れているように見えました。
そう思った瞬間、私の股間がジーンと熱くなり胸がドキドキしてしまいました。
(やだぁ、私なに考えてるんだろ…)

慌てて私は言いました「お兄ちゃん達、服くらい着てよね~。風邪ひくよ~」
すると雅兄ちゃんはニヤニヤしながら立ちあがり私に近づくと
「なんだ?お前照れてるのか?顔赤いぞ。お前も以外とエッチなんだな~」
「私だって純情なレディなんだから、もう少し気を使ってよね~」
すると今度は博兄ちゃんも私に近づき「レディが毎晩オナニーして、
あん、あん、なんて言うか~?壁ごしにまる聞こえだぜ」
私は耳まで真っ赤にして何も言い返すことができませんでした。
兄達に全部聞かれていたんです。雅兄ちゃんは私の横に座り私の肩を抱くと耳元で
「オナニーなんて不毛なことしなくても、兄ちゃん達が相手してやるぜ」
と私の手を取り自分のアレを強引に握らせたのです。
「あっ、ちょっと……やだぁ」
私の手の中の熱いモノがビクビクと脈打ちながら硬く、
大きくなっていくのが手のひらから伝わってくるんです。
(お兄ちゃんが興奮してる)そう思ったら私のアソコがさっきより
もっと熱くなり、自分でも濡れてしまっているのを感じました。

確かに私も興奮しています。だけど兄妹でエッチするなんて絶対できません。
うろたえて動けずにいると博兄ちゃんが私のすぐ目の前に立ち
ビンビンに勃起したアレを私の顔に突き付けてきたんです。
「ちょっと、お兄ちゃん達、そんないやらしいことはやめてよ!」
と叫んだ瞬間、博兄ちゃんがアレを私の口の中に無理やり入れてきたのです。
そして後から頭をおさえつけて「いいぞ~気持ちいいぞ~」
と言いながら腰をゆすってきます。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 近親相姦 | 14:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私と弟と二人で過ごしたとき



高3の真夏のことです。親が親戚の結婚式にいって、一晩だけ私と弟と二人で過ごしたとき、Hしちゃいました。

 弟は高1で、高校生になってからなんとなく、男っぽくなってきて、朝とか、あそこがとがってるの見かけたりしてたので、私のほうがちょっと弟に興味ありでした。
 弟とは中1年までお風呂にはいってたけど、ひさしぶりに入りたいなあ、って思って、軽い気持ちで「いっしょに入ろっか」って声をかけました。
 弟も「いいよー」とかいって、さっそくお風呂わかして、二人で入ったんだけど、おたがいすぐにどきどきしてました。
 弟は、私の胸(DかEカップあった)気になってしょうがないし、私は、弟のがすごく大きくなってるのをちらって見ちゃったから・・。

 でももうこういうチャンスってないと思って、明るく背中を洗いっこしたり、交代でお湯にはいったり。
 弟は手でしっかりあれを押さえてるので、ときどきちらって見えるくらい。
 私は、もっと見てみたいので、そうだ! と思って、いきなり弟のわき腹をくすぐってやりました。

 弟はくすぐったがりで、わき腹がすごく弱いんです。
 弟はくすぐったがってあばれて、そのいきおいでひじで私の胸をおもいきり打ったので、私はころんで、壁に頭をぶつけてしまいました。
 胸も頭も痛くて、泣きそう。
 しかも、私は足をひろげてはずかしいかっこうでした。それを弟は見ちゃったんです。

 弟もびっくりしたのか、「ごめん・・」と私を両手でひっぱってくれたけど、そのとき、弟のおっきいのが目にはいって、私は真っ赤になりました。男の子のそういうのを初めて見たので・・。
 弟も、あわてて手でおさえて、真っ赤になりました。
 私は、おもいきって、「祐也の、おっきいねー!」といって、「見せっこしよ」といいました。
「えー、はずいよ」といってた弟も、私が足をひろげてすわったら、目が私のあそこにくぎ付け。。
 弟も、観念したのか足をひらいて、おたがい向かいあって見せあいました。

 弟のは大きくなってて、生き物みたいにぴくぴく動いてて、私も目がくぎ付けでした。顔が熱くなって、爆発しそうな感じでした。
 弟もそうだったかもしれないけど、そのうち、どちらともなくさわりっこになり、夢中でおたがいのをなでたり、もんじゃったり・・そしたら、いきなり、弟がぴゅーって出しちゃったんです。(これが男の子の射精なんだ!)
 私は興奮してしまい、はぁはぁいってる弟の、ちっちゃくなったかわいいあれを洗ってあげました。
 でも床に飛んだのは、ものすごい量でしかも濃くて、なかなか流れてくれなくて、困ったけど、スポンジで弟がむりにこすってとりました。

 それからまた交代でお湯にはいったけど、今度はおたがい、かくさないで見せていました。
 弟がはいってくるときも、あそこをかくさないので、目の前であれが揺れて、すごくどきどきでした。
「何見てんだよー、すけべ」っていうので、「いいじゃん、姉弟なんだし」といって、せまいお湯の中で体がくっつくので、またくすぐったら、私の大きな胸をもんできて、「きゃあ!」と飛び上がっておたがいお湯をかけたり、さわったり・・!

 私は立ち上がって、お風呂のふちにすわりました。
 どきどきしながら、弟の目の前であそこを見せてたら、「姉ちゃんあんましはえてないね」っていうので、「あんたより多いよ」っていうと、弟がざぶっと立って横にすわってきて、「どっちが多い?」とかいって・・。弟のはまた、ぴんぴんになって元気に上を向いてました。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 近親相姦 | 14:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

兄と甥と私の関係



わたしには甥がいます
甥といっても赤ちゃんのころから会ったことがありません
兄が子供ができた後に離婚してしまったからです
その理由に私が絡んでいますが、そのことについては後で話します
その甥と偶然会うことがありました
実家に行った時のことです。車で実家に近くまで来たときに、
道路の向かい側で車が徐行しながら実家の前を通り過ぎて行きました
私が実家前の道路に路上駐車しようとした時、先ほどの車がスピードを落として
通り過ぎようとしています
その時、運転席の男の顔を見たとき、すぐに甥だとわかりました。
兄の20歳頃にそっくりだったのです


すぐに車で追いかけて、赤信号で停止した時に車を降りて声をかけました
わたし「〇〇Aちゃんじゃないの?」
A  「えっ!そうだけど」
わたし「ちょっと、話さない?あなたの叔母のMよ」
Aちゃんは、ちょっとバツが悪そうでしたが、そこは血は水よりも濃しで
なにやら親しみも感じてくれたのか、近く喫茶店に車を走らせて話すことになりました
父親が違って育ったせいか、少し投げやりな感じでした
「実家のことが気になったの?」「つらいことがあった?」「今は何してるの?」
いっぱい質問しました


Aちゃんからの質問は何もありませんでしたが、私の唯一の甥で大切な人間だと伝えました
「困ったら相談に来てね。あまり力になれないかもしれないけど、できる限り力になるから」
パート収入しかないのにいい格好をしてしまいました
その後、「おばちゃん、また話しませんか?お昼ごちそうしてよ」
そんなおねだりが何回かありました
ある時、「たまにはどこかにドライブに行かない?」Aちゃんが私を誘ってくれました
Aちゃんの休みが平日だったので、夫には何も言わずにドライブに行くことにしました
高校生みたいに自宅を出かけるときはいつもの通勤服で出かけましたが、途中で着替えて
大手スーパーの駐車場で落ち合い、Aちゃんの車に乗って出かけました
隣の県まで足を延ばして、楽しい時間を過ごしました
お昼を食べて、車に乗るとAちゃんが「眠くなったね、ちょっとシートを倒して寝てもいいかな?」というので、
わたし「それなら、どうしても行かないところがあるわけでもないし、誓うのホテルに入る?」
わたし「叔母と甥だけど、何をするわけでもないし、私はいいよ。その方がゆっくりできるでしょう?」
そんなことで、数キロ走った先のホテルに入りました
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 近親相姦 | 14:05 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。