FC2ブログ

女性のエッチ告白体験談集

女性のエッチ告白体験談集を厳選して集めてます。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

彼はなんの遠慮もなく私に入りこんできた



とある某有名ホテルのワインバーで…
私は1人で飲んでいた なんて艶かしいワインなんだろう…?
すっかりえっちな気分に…なってしまっていた・・・
視線を感じる…?
向こうでこれまた1人で飲んでる男性だ
一瞬目が合った…
私はどんな目をしていたのだろう…?どんな表情を…?
ここはいつも飲んでいる店ではない
知り合いもいない・・・
ちょっとドキドキしていたら…彼が近づいてきた…!


「お1人ですか?」
「…は・・い・・」
警戒をしつつもこたえてしまった…
「よかったら…」
お決まりの文句 彼はなにか軽いものを飲んでいたようだ
なぜだかそんなに嫌な気がしない人だった
軽い会話、きれいな指、仕草… 少しの時間の間に魅了されそうになっていた
いけない、と思い「私、そろそろ…」と言い出す
「そうですか、では僕も…。よかったらご馳走させてください」
「いえ、それは…とんでもない…」
でも、ちょっとラッキーと思い結局ご馳走になる
店を出て…エレベーターに乗る
「僕は宿泊してるので…」
「そうでしたか。今日はすっかりご馳走になってしまって…
 ありがとうございました。またいつかお会いできたら…」
「……そうですね(ニッコリ)では、この階なので・・・」
「では…」
そして、ドアが閉まろうとした…その時…!


彼が閉まりかけたドアをこじ開けて、私の手首をグッとつかんだ
少し酔っている私はいとも簡単にエレベーターの外に出されてしまった…
そこは誰もいないエレベーターホール
「帰したくない…」
彼はそう優しく言い終わると同時に私の唇を奪っていた…
「んっ…」
やはり魅了されていたのだろう
私は抵抗すらしなかった、いや、望んでいたのだ…心の奥で…
足音が聞こえてきた…誰か来たのだ
私達は何事もなかったかのように、彼の部屋へ歩いていった
彼が鍵を開け、中に入る
その瞬間…激しいキス…さっきとはまるで違う…
私も応える…
そのうち、彼は私の着ている黒いワンピースをたくし上げてきた…
優しく、そして力強く、尻を触る…
そしていつの間にかワンピースは脱がされていた
靴と下着だけの格好
私も彼のスーツを脱がす
硬くなってきていた・・・
ネクタイを外し、シャツのボタンを1つずつ開けていく… 均整のとれた、いい体つきだった
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| ナンパ | 18:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【女性のエッチ告白体験談】出会いバナ



私も、男も当時20歳。クラブ帰りにナンパされ、その日は連絡先交換のみ。
後日二人で飲みに行った時のお話。ナンパされた時、私は酔っ払っていたため、
男の姿をあまり把握していなかった。だから二人で会うのは少し怖かった。

しかし、会ってみると意外に私好みの雰囲気や話し方で、好印象だった。
そのためか、かなり心を許してしまい、日本酒などを飲みまくってしまった。
今考えると男はメロンフィズとか可愛いカクテルばかり飲んでおり、多分、あまり
酔っ払ってなかった。確信犯だったのかも…

さすがに飲みまくって酔っ払った私は、「やばい、眠い…」を連発してしまった。
店を出たらまだ9時前。歩きながら、これからどうする?という話になり、
「カラオケとか行こっか!!」と私が提案すると、男が
「俺、ラブホの掃除のバイト受けたんだけど、面接落ちたんだよね~」
と、その落ちた先のラブホに向かおうとする。

私はかなり酔っ払っていたが、知り合ったばかりの男とやるわけにはいかない!
でもラブホ前で入る入らないとグダグダするのも、男の顔が立たないか、と酔っ
払いながらも考え、とりあえず寝よう!抵抗すれば手出しできまい!!と思い、
ラブホに入ることにした。

部屋に入り、少し気持ち悪いのと眠いのとで、私は真っ先にベッドに横になった。
男も隣で横になったので、怪しい雰囲気を避けようと、向き合う形にならないよう
にずっと反対方向を向いていた。

しかし、男はなんだかんだと理由をつけて体に触ってきた。
胸などには触れず、お腹のあたりを後ろから手を回して触ったり、自分の割れた
腹筋を触らせようとしたり。

そんなやり取りを繰り返し、ふと私が男のほうを向くと、抱きつかれ、口に吸い付
いてきた。私は抵抗し、「やだ、付き合ってない人とはできない…」と言うと、
男は「じゃあ付き合おう?マジで○○(私)本当に可愛い!!」
と、やりたい盛りの男はこうも必死に口説くのか…
と、抵抗しながらも初めてのシチュエーションに感心していた。

男「付き合おう!!」
私「知り合ったばかりだし、酔っ払ってるから…」
としつこいやり取りをしながら、男はキスしようとしてきたり胸やお尻を触ってくる。

それを何度も「やだ…だめだよ…」と抵抗しながら、上記の会話を繰り返していた。
さすがに疲れた私は、この人好印象だったし、しばらくエッチしてないから、いいか
なぁ… と考え始め、ちょっと嫌がりながらも段々とキスに応じることにした。

段々と気持ちが高ぶってきた私は、男と抱き合いながらディープキスをした。
激しいキスだったため「んっ…」と声がもれた。

男はそれをOKサインと捉えたのか、抱き合いキスしながら、硬くなった股間を押
し付けてきた。すっかり興奮してきた私は、「ん…なんか当たる…」とか何とか言
いながらも、まだちょっと嫌がるそぶりを見せた。

ディープキスをしながら、男が服の中に手を入れてきて、私の胸をブラの上から
揉んでくる。私は貧乳なため、胸を触られるのがとても恥ずかしかったので、
「待って…おっぱいちっちゃいからやだ、恥ずかしい…」 と言うと、
男が「そんなことないよ、すげーくびれててエロい…やばい」
と、苦し紛れだったがフォローしてくれて少し嬉しかったw
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| ナンパ | 13:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。