FC2ブログ

女性のエッチ告白体験談集

女性のエッチ告白体験談集を厳選して集めてます。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

先輩と初めてのHの思い出



工房時、サッカー部の遠征(自分は女子マネ)。
大好きな先輩がいたんだけど、それを感づいた他の部員にハメられて、
バスで隣り合わせに・・・狭いマイクロバス、身体が密着してドキドキ。
最初は冷やかされたりしてたけど、疲れから、皆すぐ寝てしまった。
隣の席の先輩も・・・とチラ見したら、目が合ってドキッ!
触れ合ってる腕が熱っぽくなってきて・・・
ギュッと目をつぶってたら、太もものあたりがモゾモゾする。
おそるおそる薄目を開いたら、先輩の手が太ももの上、ゆっくり動いていた。
再び堅く目をつぶる私。
人にバレるのが怖くて(当時、当然処女)、するに任せていたら、
先輩もおそるおそるだったんだろう、ゆっくりとあちこちを触れられた。
ついにはブラの下から手を入れて胸をいじられ、乳首をつままれたり。
寝たふりでもたれかかってきてて、首筋に熱い息がかかったり。


そのうち、バスはICを通過、まわりが明るくなったせいで
部員たちも起き始め、先輩の手も離れてった。
その日の帰り、翌日もあった試合のため、遅くまで洗濯し、帰る道。
その先輩が待っていた。
気を利かせて、もう一人のマネが帰ってしまい、先輩と二人っきりに。
無言のまま、いつしか手を繋ぐ。
なにげなく、「○子さー、本当に俺のことが好きなん?」と聞かれる。
心臓が爆発しそうな思いで頷く。また無言で、今度は肩を抱かれて歩く。
やがて暗がりに差しかかり、ギュッと抱き寄せられてキスされた。
向こうも緊張してたようで、ちょっと震えてた。
何度かキスしたあと、手を引かれて学校への道を逆戻り。
校舎の陰の暗いベンチに座って、また何度もキスを・・・しながら、
先輩の手はまた私の身体をまさぐってくる。すごく息が荒かった。
大好きな先輩がすごく興奮してる・・・と思うと、私も興奮してきて、
意に反して(?)自分からベンチに横たわった。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 初体験 | 12:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初体験は塾の先生に犯されました



18歳になったばかりの今年のGW,中学からずっと通ってた塾の先生に犯されました。
先生は子持ちの中年。私は、肌がきれいってよくいわれるけど、
背は低いし、幼児体型、これで18歳?って悲しくなる。
周りからはまじめな優等生って思われてると思う(髪を染めたことがまだない)けど、
大人からは、性格がひねくれてるって言われることが多い。
この4年の間、いつ先生を男として好きなったのか、正直分からないけど、
そんな私を初めて理解して、心から受け入れてくれたのが先生だった。


一番苦手だった科目が、気づけば先生のおかげで一番の得意科目になった。
今年のGW、個別で補講してやるっていわれて、なんだかいつになくどきどきして、
制服じゃなく、お気に入りの私服で行ってしまった。
2時間勉強して休憩してたら、先生が突然、「M(私の名前)は処女か?」って聞いてきた。
普段下ネタとか言わない人だったから、正直引いた。
「なんなん? 何のつもりでそんなこときくん?」
ちょっと怒気を含んで言ったのに、先生は平然とした顔で、
「お前も18やろ、俺の知らん間に誰かとやってたらいややなあと思って」
「・・・先生、何言うてんの? 頭大丈夫?」
内心どきどきして来てたけど、出来るだけ冷たく、そういった。
ごめんごめん、変なこというて、笑ってくれるのかと思ったら、
先生真顔で、「どうなんや? やったことあるんか?」って。
私もつい、まじめに答えてしまった。
「彼氏とかぜんぜん出来てへんの、先生知ってるやん。誰とすんのよ。」
そしたら、すごくほっとした顔で、
「先生の頭、あんまり、大丈夫ちゃうな」って言いながら、
斜め後から抱きすくめられた。
えっーーーーー!!!!!
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 初体験 | 12:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初体験が、私の忘れられないセックス



どういう経緯で知り合ったのかは書けませんが、高校生の頃から
とてもお世話になっていた年配の方がいました。
親子ほど歳の離れた人でしたが私は彼をとても尊敬していて、
色々親身になって良くして下さった事もあって、とても懐いていました。
正直、私はおかしな事に、それ程歳の離れた相手に恋していたのです。
相手はとても大人で、恋に恋する年齢の高校生の恋愛対象になってしまったのでした。


私が高校を出てすぐの、ある春の日の事です。
彼が出張で出た先の土地に、たまたまその日私も行く事になったので
連絡を取って、夕食をご一緒する事になりました。
少し遅い時間だったので、居酒屋でビールを飲みながら。楽しくてお酒も進みました。
そしてお互いの宿に帰ろう、という段になって、彼が
「話し足りないね。よければ部屋で飲み直さない?」と言いました。
私は一瞬ためらいました。いくら年配の方とはいえ、彼も男の人です。
でも、それ以上に彼が自分の事を親しい人間として扱ってくれている様にも思えて
嬉しくも思い、結局誘いに乗ってしまいました。
今思えば私はとんでもなく子供だったのですが。


そうしてとても緊張して彼の泊まっているビジネスホテルに着き、部屋に入りました。
ドアを閉めた瞬間、いきなり手を引かれ、抱きすくめられました。
私は何が起きたか解らず、頭の中が真っ白で動けません。
そうして呆然としていると首筋にキスをされ、シャツの上から胸を触られ
はっ、と我に返り、「しまった、甘かった」と思いながら「やだ!やめて!」 と必死で抵抗しました。
男の人の力って本当に凄いんだ、怖い!と本当に思いながら。
抵抗を続けていると、ふっと彼の手の力がゆるんで、「ごめんね」と謝られました。
この時、私は相当困惑した表情をしていたらしいです。彼が思っている以上に私は子供だったんでしょう。
彼は私の肩に手を掛けて、「悪かった。もう帰る?」と言います。
でも私はどうする事も出来ず、ただ呆然と突っ立っていました。
彼は私を座らせて、話し始めました。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 初体験 | 15:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暗室での初体験



高校1年の10月頃、部活での話です。
写真部だった私は、撮ったり、現像したり、
プリントしたりと普通に活動してました。
うちの学校から県大会に出た男子がいて、
仲が良かった私は、暗室作業を手伝っていました。
以前から好きだった男子だったので、
K子手伝ってといわれた時は嬉しかったー。


大きなパネルに写真を引き伸ばさなきゃいけないので、
ひとりじゃできない作業。暗室の広さは押入くらいかな。
赤い電球がついてて、目が慣れると結構明るい。
そんななか作業してました。


K子はピント見てよと頼まれ、
ルーペを使ってピントを合わせる作業をしてました。
立った状態で机を覗きこむような姿勢です。
そしたら突然後ろから抱きつかれました。
私は何が起きたのかわからず、思わず声をあげてしまいました。
そしたら口をふさがれて、声を出したらだめ。外に聞こえる。
と耳元でささやかれました。
換気扇があるので、大きな声を出せば部室に音が漏れてしまいます。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 初体験 | 18:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホントに処女じゃなくなったんだね、私……



私はそのとき二十歳。
○○大学に通う二年生でした。
その日は当時入っていたバドミントンサークルでコンパがありました。
カラオケボックスの一室でコンパは宴たけなわ。
私もそんな談笑の輪の中に交じっていました。
「どうだ、宮原、佐伯さんとは順調なのか」
隣に座る一つ年上の多田さんが話しかけてきました。
彼は同じサークルの先輩です。
四角い、面長の顔だち。
背が高く、広がった鼻は……言っては悪いかも知れませんが、どこか豚を連想しました。
「ええ、まあ」
私は我知らず、頬を赤くしました。
佐伯さんは二つ年上の先輩です。
今年の春先にサークルで知り合い、彼から告白されて、付き合うようになりました。
私にとっては高校時代以来、二年ぶりにできた彼氏です。


交際は順調でした。
ただ最近はデートのたびに体を求められるのが悩みでした。
私はまだ、どうしてもそこまでは踏み切れないんです。
今時の女子大生にしては珍しいかも知れませんが、
実は私──宮原有希子(ゆきこ)はまだ処女なんです。
高校のときにクラスメートの男の子とお付き合いして、
キスや軽いペッティングまでは経験しましたが、最後の一線だけは許しませんでした。
古風な考えかもしれませんが、結婚前に処女を失うことへの抵抗感があったからです。
それに初体験への不安や破瓜の苦痛に対する恐怖もありました。
ただ、だからといってセックスに興味がないわけではありません。
性への好奇心は人並みか、もしかしたら人一倍あると思います。
いずれは佐伯さんとそういう関係になってもいいかな……そんなふうにも考えていました。
「でも、気をつけろよ、あの人、あっちこっちに彼女がいるって噂だからな」
にやり、と笑う多田さんに、私は表情をこわばらせました。
「えっ……浮気してるってことですか?」
大音響のカラオケが鳴り響いて、周囲はおおいに盛り上がっています。
楽しい雰囲気の中で、私はひとり大きなショックを受けていました。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 初体験 | 14:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。