FC2ブログ

女性のエッチ告白体験談集

女性のエッチ告白体験談集を厳選して集めてます。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

裸のMちゃんにこれまた裸のお父さんが上になってるよ



高2の時の話なんですが、クラスで仲のいい友達の中にMちゃんって
いて、私の家に遊びに来ることがあったんですよ。
母はパートに出かけていて、リビングで父が新聞を読んでた父が私の
部屋に連れて行こうとするMちゃんに「いらっしゃい」と声を掛けた
のが二人の初めての出会い。
部屋に入るなりMちゃんが「Hのお父さんって若ーい!カッコいいし
うちのオヤジと段違いだよ、ファンになっちゃおうかなーっ」と言い
出して…確かにうちの親は20そこそこで結婚してすぐ私が生ま
れたからまだ40前だし、父はほとんど毎週草野球やってて体も引き
締まっててオヤジ臭くないんだけど、普段のオヤジっぷりを見てる私
としては「あんなのファンになるようなもんじゃないってー」と受け
流してた。

それからMちゃんは積極的に私の家に遊びに来るようになっては
「お父さんいないの?なーんだ、残念」とか言うから私は内心
おいおいマジかよって笑ってたんだけど…。
土曜日にMちゃんが遊びに来るって言ってて、私は約束の時間の前に
ファッション誌を買っておこうと本屋に行った先で中学時代の同級生
とバッタリ。ついつい話し込んじゃって気が付いたらもう約束の時間。
ヤバイ!と20分送れて家に帰ると、もう家に来ていたMちゃんは
リビングで楽しそうに父と話してた。

「ごめんねー、時間は分かってたけどすぐ戻るつもりで行った本屋で
 友達と話し込んじゃってさー」
「ううん、気にしないよ、おじさんとの話面白かったし。
 話してみたらやっぱおじさんだね、若者の話題について行けなかった
 しさぁ。ちょっとガッカリ?」
「あれでも中年なんだからなーんにも特別なんて事ないってば」
Mちゃんとはそれからファッション誌読みながら流行の服とかチェック
して、今度コレを探しに行こうとか隣のクラスの誰それが付き合ってる
とか話をして、また学校でねーとMちゃんが帰って行った。

その日の晩、晩御飯を済ませてリビングで野球を見ていた父が、
「今日来ていたMちゃんだっけ?すっごいよく喋る子で圧倒されたな、
 世代の差を感じて自分がオジさんだって痛感した」と言いつつも
嬉しげな様子に私はちょっとむかついた。
Mちゃんは友達の中でもスタイルのいい子で胸も私より大きいし、別に
ファザコンでもなかったけど、父の中で私よりMちゃんの順位が上に
なったなと思うと内心複雑だった。
「気に入るのは勝手だけど、Mちゃん彼氏いるんだからね?」
「えっ、そうなのか。それも当然か…」と父ションボリ。ざまぁみろ。

私はファーストフードでバイトをしてて、別のバイトの子が明日急に
休まないといけなくなった、代わりにシフト入って欲しいと頼まれて、
「こいつ多分デートの約束でもしてるのか」と内心ムカつきつつも
まぁ稼げるかと思ってOK。別の友達Yと服見に行こうと約束してた
のはキャンセル。
ところが、いざ日曜行ってみると店長から「そんなに忙しくないよ、
悪いけど人数間に合いそうだから帰っていい」と言われ、私の今日の
予定はどーなるの!?と思いながらも帰宅…したのが運命の分岐点

まだ午前だし、家でもう一眠りして昼ご飯食べたら誰かと連絡
取って出かけよう…とか思いつつ、家に帰ると玄関にお父さんの
靴と、女物の靴。
お母さんはパートに出てるし誰?お父さんの客?と首を捻ってると
客間から聞こえる女の人らしき「あぁ…」と呻き声。
不思議に思って、ドアを開けようとすると──
裸のMちゃんにこれまた裸のお父さんが上になってるよ!
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 友達 | 13:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【女性のエッチ告白体験談】友達だったはずなのに



まさに昨日友達とやってしまった。
正確に言えば、元カレなのでスレ違いかも知れない。
元カレとは言っても、付き合っていたのは学生時代のほんの2ヶ月。

彼の優しさに素直になれなくて、2ヶ月の間キスすらせずに別れてしまった。
多少ぎくしゃくはしたものの友達として仲は回復し、卒業後もよく二人で遊んでいた。
その頃には「友達同士の方が私たちには合ってるんだよ」「お互い幼かったね」なんて笑い話にも出来た。
お互いに別の恋人も出来たり、相談し合ったり、すっかりいい友達だった。
最近転職をして、二人とも似たような勤務時間になったのを機に、また二人で遊んでいた。
昨日もお互い見逃した映画の話になり、その足でDVDを借りて友達の家に行った。

友達は椅子に座り、私は「そっちの方が楽だよ」と言われるまま、ベッドに寝転がりながらDVDを鑑賞した。
お互い男友達のような感覚だったから、全然気にならなかったし、深い意味もなかったと思う。
ラストシーンで涙ぐんだ私を、友達は笑いながら頭を撫でてきた。
頭を撫でられるだなんて、予想もしていなかった。
反応に困ってつい「馬鹿にしてるでしょw」と枕に顔を埋めた。
このときもまだ、単純にからかっていたんだと思う。
「なんで隠すの?こっち向いてよ」って、笑いながら肩に手をかけてきた。
「やだよ、もう」なんて頑なに背を向けていたら、強引に仰向けにさせられそうになった。

友達が片膝をベッドの縁にかけたのがわかった。
ギシ、と小さな音がして、布団が沈むのが伝わる。
さすがにちょっとまずいだろう。
「やめろ」なんて笑いながら、お返しに脇腹をくすぐった。
思いの外くすぐりに弱かった友達は、「うわ!」と大きな声を上げて、私の手を振り払おうとした。
そのまま友達はバランスを崩し、上半身が私の背中に覆い被さるようになってしまった。
ますますやばい。
動揺を悟られないように、「脇腹弱かったんだ?ごめんごめん」なんて誤魔化しながら、友達の体を押し返して起きあがろうとした。
しかし私の意志に反して、そのまま抱きしめるように、布団に押さえ込まれてしまった。

こんなに仲良くやっていたのに、体の関係を持ってしまうのはとても残念なことに思えた。
わずかな期待もなかったと言えば嘘になる。
その期待とやらが、一体何に対してなのかまでは考える余裕もなかったけれど。
だけどそれ以上に、今の関係が歪んでしまうことが怖かった。

耳元で微かに友達の息づかいが聞こえる。
私の髪に鼻先をうずめ、においを嗅いでいるようだ。
「こら、いやらしいやつめ」なんてからかっても、友達は反応してくれない。
「だめだって、冗談になんないよ?」すこし真面目に言っても、抱きしめた腕を解く気配はない。
どうにか踏みとどまりたかったのに、友達の唇が首筋に触れた。
ぴくっと体が反応した。

「だめだって…」そこまで言いかけたが、私は思わず口を閉じた。
友達は私の反応を見逃さず、首筋に振れた唇が、ちゅっと首筋を吸い上げた。
口を開いたら情けない声が出てしまう。
そんな声を、そんな姿を、友達に晒すわけにはいかない。
それでも友達はお構いなしだ。
時折舌を這わせ、首筋を小さな湿った音を立てて、唇が滑って行く。
「ん…!」
とうとう声が漏れてしまった。
ふと、腕が解かれ、首筋から唇が離れた。
思いとどまってくれたかと思って仰向けに向き直ると、友達は無邪気ににこにこと笑っていた。
一瞬安堵したが、返ってきた言葉は予想外の物だった。
「…かわいい」
必死に声を我慢していた姿が、余計に友達を煽る結果になったらしい。
驚く私の口を覆っていた手を、顔から剥がして押さえつけると、今度は上に跨って首に吸い付いてきた。
もう声が我慢できなくなってしまった。
普段は気丈に振る舞っているのに、女としての自分を見せていることに言いようのない恥ずかしさを感じた。
認めたくはなかったが、この状況に興奮し、脳の中心は痺れに似た感覚に支配されてつつある。
次に唇が離れたのは、キスをするためだった。

まだ躊躇するところがあって、恨めしげに睨め付けてやったのに、効果はなかった。
深い深いキスをしながら、友達の手が服の上から胸をまさぐる感覚に身をよじった。
友達は私の服をたくし上げ、指先が乳首に触れた。
一層呼吸が乱れる。
「だめ、そこ…」
その言葉を聞いてか、片方の乳首を指で弄ったまま、もう片方に吸い付いてきた。
こうなるともうだめだ。
すでに濡れてるのが自分でもよくわかった。
そこに友達の指が近づく。
思わず友達の首に手を回して、Tシャツをぎゅっと握る。

下着越しに友達の指が触れた。
布がぬるりとずれる感触に一段と恥ずかしさが増す。
「…すごい濡れてる」
友達が吐息のように呟いた言葉から、興奮しているのが伝わる。
「言わないでよ」
照れ隠しの台詞を憎たらしげに吐いても、Tシャツを掴む手は力が入ったままだ。
スカートをめくり上げられたまま下着を脱がされる。
指先は肝心な部分を避けて、粘度の高い体液の感触を楽しむように滑る。
ジリジリと焦らされて、緊張と興奮が高まる。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 友達 | 13:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【女性のエッチ告白体験談】幼馴染



今日は幼馴染と中学生の頃以来本当に久しぶりに会いました

卒業してからちょっとの間は連絡先も知っていたしたまに連絡もとり合ってたのですが時間が経つにつれこまめに連絡を取る訳でもなくなり変わっているかも知れない状態で連絡する事もなく気付けば2年が経っていました。

今日突然携帯がなり名前は表示されているけど・・その名前にかなりビックリしてしまいました。

電話に出ると声も太くて男らしい声で・・はっきり言って名前が表示されなかったら誰だかわからないほど。

久しぶりで話にも花が咲きました

話を聞くと最近彼女と別れたらしくてたまた心境が同じで流れで会う事になりました。

彼の家の近くのファミレスで一緒に食事をしました。彼は昔と全然変わってなかったです。しばらく話をしていたのですが彼が

「うち来る?」

と言うので何のためらいもなく遊びに行く事にしました。

彼のお部屋はすっごく男の人っぽい感じでちょっとドキっとしてしまいました。

「適当に座って」

と言われベッドに腰掛けました。彼は温かい紅茶を入れてくれました。
昔の事を話して懐かしんだり別れた彼女の事を聞いたり私の元彼の話を聞いてもらったりしていましたが何故かちょっとぎこちなくなってきました。

「一人になると寂しいよね。」

なんて彼が言い出して私の事を抱き寄せました。小さい頃を知っているせいか何かいつも以上にで心臓の音がバクバク言ってるのが分かりました。

「アキ綺麗になったね。最初見た時ドキッとしちゃったよ」

「それはお互い様だよ。私だってドキドキしちゃったよ。今が一番ドキドキしてるけどね」

そう言うと彼は私にキスをしました。

「もっとドキドキさせてあげるよ」

そう言って私の服を少しづつ脱がして胸を舐めてきました。

「あぁっ・・そんな事したら・・」

彼はパンティも脱がしてきました。気付くブラとパンティがなくてでも微妙に服はきている状態。とても器用でした。手馴れていると言うかすごくいやらしい気分になってしまいました。

彼の手がおまんこに触れると

「アキもうこんなに濡れてるよ。エッチな身体になっちゃたんだね」

そう言ってクリトリスをむき出しにして優しく触られました。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 友達 | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【女性のエッチ告白体験談】男友達に舐められちゃった



私(♀)20代前半。
一回り上の飲み友達がいて、2人きりで飲んだときのこと。
ちょっと飲みすぎちゃって、このまま帰るのも寂しいし友達んちでちょっと休んでくことにした。
お酒の勢いもあって元彼のグチ話したり下ネタで冗談言ったりしてた。

んで、「あたし肩こりひどいんだよねー」なんて言ってたら肩モミしてもらうことに。

男友達「これじゃお前かなり疲れるだろ!?」って言われて、入念に揉んでもらう。
私「マジ気持ちいい~癒されるわ~。」

・・・ん?なんか後ろの人、鼻息が荒いんですけどw
男友達「やべっ。お前めっちゃいい匂いがする。」
何やら彼は匂いフェチだったらしく、本人もそれに初めて目覚めたらしい。
そんでもってあたしの首筋とか耳をめっちゃクンクンし始めた。
私「ちょ、くすぐったいんですけど!!」
男友達「めっちゃ興奮するわ~!!なんか分かんないけど、興奮してきた。」

背中に男友達のアレが当たって、硬くなってるのが分かった。
しかもハァハァし始めて・・・
ついに耳の後ろ舐められてしまった。不覚にもあたしはそれで感じちゃったんだよね。
で、「あっ」って声が出ちゃった。お酒が入ってたから体も正直だったのかも…
しかもあたしの性感帯は首筋とかうなじとかだから、肩モミされた時点で実はちょっと濡れてた。
私「なんで舐めるんっ!?」一応、少しは拒否っとかないとw
男友達「もう我慢できないって!!お前の近くにいるだけでヤバい。」
もう耳ベロベロ舐められて、あたしもエロモードになってきた。

床に座って後ろから抱っこされる感じで耳ベロベロ。
あたしはもっと気持ちよくなりたいって思ってた。
快感に浸ってたら服の裾から手が入ってきておっぱいを優しく揉まれた。
乳首もころがされて、もうあたしの方が「ヤバイ!!」って言いたかった。
どんどん下が濡れてくるのがわかってもぞもぞしてたら、「オマンコ見して?」って。

さっきまで冗談言い合ってお酒飲んでた男友達に「オマンコ見して?」
って言われてるシチュエーションになんかたまらなくなってきちゃって。
でも、とりあえずまずは断わってみた。
焦らされるのが大好きなあたしはすぐにHするよりも、その前を楽しみたくて。
私「えー!ダメだよ。だって…」
男友達「なんでダメなん?」
私「だって…今パイパンなんだもん。」
これを言ったのが悪かった。まぁ、彼にとっては良かったんだけど。
男友達「パイパン見たい!!すっげー舐めたい!!」
懇願されて、やだやだ言ってたけどドMのあたしを動かした一言が彼の口から。

男友達「おい、早く脱げよ!!」
もちろん冗談で言ったわけだけど、なんかその無理やりな感じにきゅんってしちゃって
「じゃぁ脱いでもいいよ」って言っちゃった。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 友達 | 15:07 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【女性のエッチ告白体験談】友だちとのえっち



友達として、今帰ってきました。
エッチする流れになった発端は、私が二週間くらい前に友達(Aとします)にかけた電話。
職場の飲み会に出て、いつもより飲みすぎてしまい、家に着いてから「飲みすぎてしんどいよー」と、まだ仕事中のAに電話しました。
それだけで一度は切ったのですが、だんだんムラムラしてきてもう一度電話。
私「なんか変な気分…今すっごいムラムラしてる」
A「え!?…どうした、大丈夫か?」
私は普段こんなこと言わないので、Aはかなり面食らったようでした。
私「引いてる?」
A「大丈夫だよ。ちょっとびっくりしただけ」
この言葉に安心した私は、今すごい濡れてるとか、自分でしてるとか、今度会ったら襲ってとか完全に暴走してしまいました。
Aは、そんなこと言われたら妄想してしまう、本当に襲うぞ!と何度も言ってました。

その電話の次の日、私はひたすら謝りました。Aも笑って、「意外な一面が見れて良かった」と言ってくれ、まあとりあえず今まで通り。
そして昨日、その電話のあと初めて会いました。
仕事のあと落ち合い、食事してからAが着替えるためにAの家に向かいました
Aの着替えの間、私はテレビを見ていましたが、済んですぐに出掛けるよう促し立ち上がりました。
その瞬間前に回り込まれ、抱き締められて「どこ行きたいの?」と悪戯っぽい顔で覗き込まれました。
電話のことを思い出し、恥ずかしくなった私は、「どこでもいいよ!早く出よう」と言って前に進もうとしましたが、
Aに優しくキスされて腰砕けになってしまいました。
最初は受け身だった私も、キスが好きなのでつい自分から舌をからめてしまい、もう濡れているのをじぶんでも感じていました。
「やっぱり今日は出掛けないでここにいたい」
舌を貪りあいながら、こう言ったのは私でした。
「だから車からバッグ取ってきて」
Aが荷物を取りに行っている間、下着の上から割れ目をなぞってみると、自分でも驚くほどびしょびしょでした。

Aが戻ってきてしばらくは、ぎこちないやり取りが続き、とりあえず映画を見ることになりました。
映画が始まってから、Aはチラチラこっちを見てきます。
私「もー、気になるからやめて」
A「もう我慢するの無理だし」
そう言ってまたキスされました。さっき自分の体の反応を確かめたためか、私の興奮は高まっていました。
息が荒くなり、Aの首に腕を回し脚を絡めました。Aの手は既に私の太ももや膝や背中を撫で回しています。
私「やだ、」思わずこう言ってしまいました。
A「こうしてほしいって言ってたし、こうするって言っただろ」言いながら私の内ももを軽く撫でます。
内ももが一番感じる場所なので、声を出してしまいました。
下着の上から撫でられ、恥ずかしいと告げると、
A「もう恥ずかしいとこ知ってるし」一気に指を入れられました。脳の中心が痺れている気がしました
A「あのとき自分でしてたんだろ。どんなふうに?」
もう何も答えられず、声が出そうなのをこらえながら首を振る私。
Aはそれを見て、余裕の笑みを浮かべながらかき回したり激しくしたりしてきました。
普段の立場となのがちょっとしゃくだったので、Aの体を触りながら服を脱がせました。
パンツだけにさせると、Aのパンツも濡れてました。「ねぇ、何か出てるよ?」
パンツを脱がせて、太ももや腰骨の辺りを触るとかして少し焦らしてから、Aのをくわえました。
見上げてみると、Aの顔から余裕は消えてました。私も指で攻められ続けてたので、
もう指より太いものが欲しくて仕方ありませんでした。 
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 友達 | 10:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。