FC2ブログ

女性のエッチ告白体験談集

女性のエッチ告白体験談集を厳選して集めてます。

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【女性のエッチ告白体験談】卒業旅行で



この春、卒業旅行で初外人経験をしました。

この春、友人と卒業旅行と言うことで
友人のK恵とバリ島に旅行に行きました。
バリ島は常夏の狭い島で、一年中泳げます。
私たちも大胆な水着を付けて
毎日ショッピング+ビーチで昼寝でした。

春休みは会社は休みでないため、
年輩のツアー客と学生ぐらいしか日本人は見あたりません。
バリに来て3日目、2人でホテルのビーチで
昼寝をしながらおしゃべりをしていたところ、
現地の若者がジュースを持ってきて話しかけてきました。
2人ともすっごく若く(17、8ぐらいでしょう)、
日焼けした顔は日本人とは違いハンサムです。
一人は黒人の血があるようで顔の骨格がアジア系ではありません。
二人ともすっごくスリムで手足が長く、
日本人とは全然違いますし、目も二重でパッチリ。
本当にさわやかな感じです(ちょうど中年の脂親父の逆ですね)

初めはホテルのボーイかと思って、
ジュース代を払おうとしたのですが、
彼らは片言の日本語で
「ボクタヲカワナイ?イッカイ5センエンデス」
私たちはびっくりして顔を見合わせましたが、
リゾラバ、ロコボーイ、ワンナイトジゴロなど
呼ばれる彼らの存在は知っていました。
また「もしナンパされたらガイド代わりに使ってやろう。
だから必ず食いつこう!」と二人で決めていました。

私は自分でもあんまりかわいい方とは思っておらず、
ナンパもされたことはありません。
「旅の恥はかきすて」とも言いますし、
あまりじらしても何のメリットもないので
(プレゼントをくれるわけでなし...)
ナンパ慣れしているK恵と少し話し合って
「行こっか!」となりました。
彼らは英語はしゃべれたので
私たちも片言の英語で話をし、
私たちの部屋に行くこと、
日本円で払うことを決めました。

ホテルのビーチ側入り口からは
カウンターを通らずに部屋に行けます。
水着のまま私たちの部屋にみんなではいると、
K恵はシャワーを浴び始めました。
黒人系の男の子ダグラスはシャワールームへ、
もう一人の色が白く顔の小さいかわいい系の子
カリーン君が私に付きました。

カリーンは水着の上から胸をタッチしはじめました。
私は彼以外との経験は初めてで、
もう胸はドキドキの興奮状態です。
カリーン君は片言の日本語で
「キレイデス、スキデス」とささやきながら
水着を脱がされ、本格的に愛撫され始めました。
シャワールームからはK恵の大きな嬌声が聞こえます。

カリーンは海パンを脱ぐと、
ものすごく長いアレが出てきました。
太さは彼ぐらいなのですが長い!
カリーンはそれを使って愛撫を始めました。
シャワールームからかすかに喘ぎ声が聞こえてきました。
彼は商売にするだけあってかなり巧く、
指でアソコの愛撫でまるで魔法のように
私のアソコは濡れました。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 外国人 | 14:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【女性のエッチ告白体験談】年下の彼



主婦38歳。いつも来るサービスドライバーのお兄さんの優しい対応に気が付いたら好きになっていました。
でも立場上平静を装っていました。彼は明らかに私より年下。爽やかでかっこよくて、ソフトな物腰。穏やかな喋り方で、いつも
他愛のない世間話しか出来ないけれど、癒されてました。そんな感じでもう1年近くが過ぎようとしています。
彼が来る日はシャワーを浴びて、お化粧もさりげなくでもきちんとして、ドキドキしながら待ちます。
先週来た時、帰り際に彼が言いました。
「あの、僕来月から担当エリアが変わるんです。なので、来週は来ますけど、再来週から別の人が来ますので、よろしくお願いします。」
私は頭の中が真っ白になり、一瞬何も言えませんでした。実はいつも彼と話している時、ひょっとして彼も私のことを想ってくれているんじゃないかって、思えるときがあったのですが、彼はこの時も、去り難そうにしばらく私の様子を見ていました。
私はわれに返ると慌てて、でもなるべくさらっと
「あらー、残念だわ。もうお話出来なくなるなんて寂しいわねえ」と言いました。すると彼が思い切ったように
「あの、じゃ、携帯の番号とアドレス、教えます。いつでも連絡してください」と恥ずかしそうに言うのでした。彼はすばやくメモし、それを渡してくれました。
「連絡待ってますから」
と言って、彼は帰りました。
数日後、私は思い切って連絡しました。

そして、今日、彼に会ってきました。彼は27歳だそうです。きれいな顔立ちと優しい物腰とからは想像つかない逞しい腕をしています。私はある雨の日、彼が来た時に濡れたその逞しい腕を見たときから、彼に抱かれることを望んでいましたが、今日それが叶いました。
待ち合わせはヨットハーバーでした。彼は学生の頃からヨットをしていたそうです。仲間で所有している小さなヨットに私を招待してくれました。クラブハウスで軽い食事を済ませた後、二人でヨットに乗り込みました。穏やかな湾で、彼がテキパキと操るヨットはスーッと静かに水面を進みます。
しばらくクルージングを楽しんだ後、人気のない入り江にアンカーを下ろしました。
彼も決心したのでしょうか。私も期待していなかったわけじゃありません。しばらく沈黙が流れました。
「風が気持ちいいわね」と私が明るく言うと、彼は少しほっとしたように私の隣に腰掛けました。
「そんなに近くに来られたら、なんだかドキドキしちゃうわね」
私はおちゃらけて言ってみましたが、彼は真剣な顔つきでした。
私の肩を抱き寄せます。白い朝のシャツの胸元から覗く日に焼けた胸板に感じてしまいました。
私は頬がかあっと暑くなるのを感じながら、彼の方に頭をもたれかけました。彼は息遣いが少し荒くなってきました。そして顔が近づいてきました。一瞬拒みましたが、彼はもう一度私を引き寄せ、私の口に唇を重ねました。
私の中で何かスイッチが入ったようでした。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 年下 | 13:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【女性のエッチ告白体験談】息子の友達に犯されました



告白します。わたしは息子の友達に犯されました。開いてはまだ15歳の子どもに!
あの日は雨が激しく降ってました。買い物に行くときは晴れてたので傘も持たず出かけました。スーパーを出て家路につくと突然大粒の雨が振り出しました。私の頭の中は洗濯物でいっぱいでした。街中を走り、自宅にもう少しという所で息子の友達のK君にぶつかってしまい二人とも雨の路面で転んでしまいました。私はお尻をつき、彼はひっくり返ってました。彼の服は路面の水溜りでぐしょりと濡れてしまいました。
私は息子の友達だし、ジャージでも貸してあげようと彼を家に連れて入りました。
玄関に通し彼にシャワーを浴びるように風呂場に連れていきました。
彼がシャワーを浴びてる間に彼の着替えを整えノックもせずに脱衣所のドアをあけてしまったのです。彼は丁度風呂場から出てきて真正面から彼の全裸を見てしまったのです。
「ごめんね、着替えよ」置いて出ていこうとすると「おばさんもびしょびしょだからすぐ浴びたら?Cにしないように言われました。
「あとで」「今脱いだ方がいいよ、かぜひくよ」彼は私のブラウスに手をかけてきました。驚いて手をほどこうとすると、私の手を彼の一物に押し当てたのです。
「おばさんの事好きだったんだ」「こまるわ」彼は握らせた私の手の上に手を重ね、一物をしごき始めました。顔をそむけるといきなり胸に手をかけてきました。
そして彼と私の手の動きが激しくなり、胸を揉む力も強くなってきました。
「おばさん」彼は私のブラウスのボタンを何時の間にか外してブラの上から揉んできました。その瞬間彼がうめいたと思ったら私のスカートにたっぷり射精をしたのです。
私の手の中で彼のものがしぼんでいきます。その時私は我にかえりました。
彼の手は胸をつかんだままでした。急に恐くなり立ちすくんでしまいました。
私が震え始めたのを見て彼が「早くシャワー浴びないから
рフ服を一枚ずつ脱がしていきます。裸にされ風呂場で熱いシャワーを頭から掛けられました。彼はタオルに石鹸をつけると私の体を丹念に洗ってくれました。

何時の間にか私は裸のまま自分の部屋のベットの上で何度も何度も彼の挿入を受けてました。風呂場で気を失ったらしいのです。彼はこの日私に四回射精をしたそうです。
夕方息子が帰ってきたときも私はベットの中で裸でなにも考えられず天井を見つめてました。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 年下 | 15:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【女性のエッチ告白体験談】年下の同僚を…



ほぼ同時期に入社した5歳年下の男の子・K君は、初めての就職で、
未経験なことばかりのため、私が指導役で、仕事を教えることに。
その彼はマジメなため「早く仕事を覚えたい」と、二人で残業になることもたびたび
ありました。
そんなある週末の日の事、残業中、たまたまTVをつけたままにしていたら、
バラエティ番組の中からから聞こえてきたのは、
お笑いタレントの「包茎」の話で、手術をしたとか、その結果どうなって、Hの時も
自信がでてきたとか…。
その内容に、私が笑いながら「男の子は大変ね~」と彼に声をかけると、
彼は、顔を真っ赤にしてうつむいていました。
私は、ひょっとしてと思い、多少のいたずら心から、
「ねぇねぇK君は大丈夫なんでしょう?」と聞くと、彼は少しモジモジしながら、
「いや、実は僕もそう(包茎)なんですよ」と、なんとあっさり告白。
それからは仕事そっちのけで、色々と彼の身の上話を聞くことになりました。
彼の話では、今まで女の子とつきあったことがなく、しかも童貞くん。
幼い時から母子家庭で、女性に対する免疫がまるで無く育ったとのことでした。
また友達関係もマジメな子が多く、おちんちんのことは勿論、
性の知識もあまりなかったようです。
そこへいくと私は、その時こそ彼氏はいませんでしたが男性経験もそこそこあり、
事務系のOLをする前は、保育士の資格を取り、2年間の保母さんの経験もあるた
め、
男の子のおちんちんについての知識や対処法とかも習っていたので、
真性包茎と仮性包茎の違いについてや、
「子供のうちに皮を剥いておくといいんだよ」とか、
「毎日お風呂に入った時に剥くといいよ」とか、いかにも専門家のように教えると、
彼は、何度か試そうと思ったけど、痛くて、怖くなってできなかったとのこと。
私は「それは真性包茎かもしれないから、保険がきくので手術したら」と言うと、
「何か痛みを感じると、怖くなっちゃうんですよ」と言うので、
その姿があまりにも可愛くなってしまい、冗談交じりに
「じゃあ私が見てみようか?」と言うと、なんと彼は素直にうなづきました。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 年下 | 13:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【女性のエッチ告白体験談】私の彼



私は43歳の主婦です。
今日、主人には友人と遊びにいくと嘘をついて、
彼のところに行ってきました。

彼との関係は2年間になります。
彼はこの春から大学生となって遠い町で一人暮らしを始めた
ばかりです。
彼とは、彼が高校2年の時からの関係です。
それから2年間、ほぼ毎週のようにセックスしていましたが、
この1ヶ月間は当然ですが会えなくなり、どうしても我慢が
できなくて、今日会いに行ってしまいました。

もう少し待てばゴールデンウィークになって帰省する彼と
会えることは分かっていたのですが、我慢できませんでした。
それだけ彼と過ごした2年間で、私が彼なしでは生きていけない
女になってしまったということなんでしょうね。

初めてしたのは自宅のリビングでした。
彼は私の息子の幼馴染みで家も近所でした。
息子がいない日に、私の息子に会いにきたという彼が、
「あがって待ってていい?」と言うのでリビングで話をする
ことになり、色々話すうちに話題がエッチなほうに流れて、
いつの間にか彼が隣に座っていて、そして突然、
「おばさん。オレおばさんとセックスしたい。」
と言って私にのしかかってきたのです。
そして半ば強引に彼と関係を持ってしまいました。
主人とは月に1度あるかないかという状態でした。
激しく抵抗できたのは最初のうちだけで、アソコに彼の指が触れた
時、乳首を舌で愛撫された時、アソコを舐められた時、その都度
抵抗する力が抜けていくのを感じました。
目を閉じてただ彼の行為が終わるのを待つしかない私に、
「おばさん、ほらっ」と言うので目を向けると、そこには、
主人のモノより2回りは大きく黒光りしたペニスがそそり勃って
いました。
それを咥えさせられた時にもう抵抗する気力はなく、彼の愛撫に
身をまかせながら感じてしまいました。
彼のペニスが私の中に入ってきた時は、喘ぐ声を抑えながら彼の
背中にしがみついていました。
若い男の子のセックスといえば挿れて腰を振ってすぐに果てる
ものだと思っていましたが全然違いました。
彼はまるで私のアソコの具合を確かめるかのようにゆっくりと
ペニスを出し入れしそれから徐々にピストン運動を始めました。
規則的なピストン運動が始まった段階で私はイってしまいました。
彼はそれを分かったかのように、ペニスを抜き、私をうつ伏せの
体勢にして、腰を持ち上げ、バックで入ってきました。
バックはそれまでとうって変わって激しく突き立てられて、
私はすぐに2回目の絶頂を迎えました。
もう一度正常位に戻ってから彼も絶頂を迎え、私のお腹のうえに
大量に放出しました。
彼はその後2回私の身体に熱いものを浴びせていきました。
「また来週来るからね」と言う彼の言葉を、快楽の世界の片隅で
聞きながら、頭の中では「だめよ、そんなことだめ」と思いながら
も体は頷いていました。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 浮気 | 13:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。