FC2ブログ

女性のエッチ告白体験談集

女性のエッチ告白体験談集を厳選して集めてます。

2012年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

若い男の子の厭らしい視線が私に



今夜は主人の帰りが遅くなると聞いていたので、さっきまで家から少し離れたショッピングモールに行ってきました。

パートから帰りシャワーを浴び…黒いショーツを履き…ノーブラで黄色のキャミを着て…白いタイトミニを履き…裸足にサンダルという格好で出かけました。

近所の人に見られないようすばやく車に乗りショッピングモールに向かいました。駐車場に着き車から降りた瞬間から
”ああ…私…これから知らない男性達に視姦されるんだ…”
と勝手に思い込みドキドキし始めました。

ノーブラで体のラインが分かる格好で私は店内に入っていきます。

平日のせいか空いていました。歩いていても男性客をほとんど見ませんでした。でもすれ違う男性の視線は感じました(自意識過剰かな?)
エスカレーターに乗ればスカートを覗かれるかなと思い乗りますが…タイミングよく男性は乗ってきません、少し歩くとブティックに大学生風の若いカップルの姿が見えました。おまけに男の子は私の好みのタイプです。
”デート中のあの若い男の子に少しいじわるしちゃお…”
私はカップルに近づきました。

私は男の子の視界に入るように屈んだりして、胸元が見られるよう期待していました。

最初は男の子は彼女の手前、私をちらりと見ていただけでした。しかし彼女が試着室に入ったとたん、私の方に視線を向ける回数が増えてきました。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 人妻 | 13:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私の行動は今でも信じられません…



この夏、女友達3人と2泊3日で海へ行きました…
その時の出来事です…

長旅の疲れで、ホテルに着くなり私は友達に「少し横になってるから、遊んでおいでよ」と、少し仮眠をとりました。
1時間くらい寝たでしょうか、目が覚めると気だるい感じで…
その気だるさが手伝ってか、下半身が少し疼く感じがして…
自然に手がパンティーの上からなぞってました…

でも、友達が戻ってこないか気になり、ちょうど窓からビーチが見えるので、探しながら…
窓際に立ったまま…手は股間をこすり続けていました…
旅の開放感や、窓際というシュチュエーションが、私の興奮を高めていってしまい…
まったく違う自分に驚きながらも、その場で服を脱ぎ始めました…


5階の部屋で、窓際だと見えてしまうかも…
サッシの外には立て格子の手摺があるだけ…砂浜が見渡せました…

異常な興奮で胸がドキドキして…脱ぐ手が震えていました…
乳首が触りもしないのに、ツンとなって…こんな興奮は始めてでした…

裸で窓際に立ち…右手で股間を…左手で胸をやさしく揉みはじめ…
胸の鼓動がどんどん大きくなりました…

すでに指先はグッショリと私の蜜を受け止めていました…
「あっ、、はぁ、ぁ、、」
窓際で口を半開きにさせながら喘いでしまい…頭の中が白くボーっとなっていきました…

ただ、誰か見てるんじゃ…と、不安と共に興味も沸いてきて…薄く目を開けビーチを見回します…


すると…海に向かって座ってる高校生ぐらいの男の子がこちらを振り返っていました…
一瞬ドキッっと身を伏せかけました…「まさか…」
でも胸の鼓動はなおさら大きくなり…見られたかもというドキドキが性的興奮に変わっていました

そこからの私の行動は今でも信じられません…
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| オナニー | 13:48 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私は兄達に何度もイカされてしま ったんです。



はじめまして。私には兄が二人います。
4歳上で大学生の雅兄ちゃんと、2歳上で高三の博兄ちゃんです。
私達は昔からとても仲の良い兄妹でした。
兄達はなんでもオープンなところがあり、昔からお風呂あがりには
全裸で室内をウロウロしたりしているので目のやり場に困ってしまいます。
それは大人になった現在も続いています。
私としては恥ずかしがるそぶりをしたりしては、かえって気まずいので
平静を装っているんですが…。

私ももう高校生、人並みにセックスには感心があります。
男の人の身体にも当然興味はあります。
つい視線が兄達の股間にいってしまうんです…。
そして夜寝る前、べっとに入って頭に浮かぶのは
兄達の股間でブラブラ揺れていたアレのことばかり。
思い出しながら自然に指がアソコにいってしまいます。
興奮した私は一人エッチを始めてしまうんです。

実の兄のアレを想い浮かべてするなんて、いけないことなんだって思えば思うほど
ますます興奮しちゃって。結局毎晩同じことをしてしまうんです。
でもまさか兄達と、あんなことになるなんて思ってもいませんでした。
うちは母子家庭なんですが、その日は母が仕事先の社員旅行(泊まり)のため
家で私達兄妹は留守番をしていました。

晩ご飯と入浴を済ませた私は居間のソファに座り雑誌を読んでいました。
兄達も次々と入浴を終え、いつものように全裸で肩からタオルをかけただけの
かっこうで私の正面のソファに座りビールを飲んでいました。
ちらっとアレを見ると、雅兄ちゃんの赤黒い棒がいつもより大きく
腫れているように見えました。
そう思った瞬間、私の股間がジーンと熱くなり胸がドキドキしてしまいました。
(やだぁ、私なに考えてるんだろ…)

慌てて私は言いました「お兄ちゃん達、服くらい着てよね~。風邪ひくよ~」
すると雅兄ちゃんはニヤニヤしながら立ちあがり私に近づくと
「なんだ?お前照れてるのか?顔赤いぞ。お前も以外とエッチなんだな~」
「私だって純情なレディなんだから、もう少し気を使ってよね~」
すると今度は博兄ちゃんも私に近づき「レディが毎晩オナニーして、
あん、あん、なんて言うか~?壁ごしにまる聞こえだぜ」
私は耳まで真っ赤にして何も言い返すことができませんでした。
兄達に全部聞かれていたんです。雅兄ちゃんは私の横に座り私の肩を抱くと耳元で
「オナニーなんて不毛なことしなくても、兄ちゃん達が相手してやるぜ」
と私の手を取り自分のアレを強引に握らせたのです。
「あっ、ちょっと……やだぁ」
私の手の中の熱いモノがビクビクと脈打ちながら硬く、
大きくなっていくのが手のひらから伝わってくるんです。
(お兄ちゃんが興奮してる)そう思ったら私のアソコがさっきより
もっと熱くなり、自分でも濡れてしまっているのを感じました。

確かに私も興奮しています。だけど兄妹でエッチするなんて絶対できません。
うろたえて動けずにいると博兄ちゃんが私のすぐ目の前に立ち
ビンビンに勃起したアレを私の顔に突き付けてきたんです。
「ちょっと、お兄ちゃん達、そんないやらしいことはやめてよ!」
と叫んだ瞬間、博兄ちゃんがアレを私の口の中に無理やり入れてきたのです。
そして後から頭をおさえつけて「いいぞ~気持ちいいぞ~」
と言いながら腰をゆすってきます。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 近親相姦 | 14:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

全裸でプールに…体育授業



私は、地方の県立高校(女子校です)に通っていましたが、そのときの話しです。

 夏なので体育で水泳をやったときのことですが、私は泳ぎも苦手で見学してぼーっとしてる方が好きなので、生理を理由にしてさぼることにしました。

 ところが、体育の先生は、よくチェックしてるんですよね。

 生理の時期が違うことに気づき、それでつっこまれたので返答にとまどっていたらばれちゃったんです。

 当然のように、先生は

 「さぼらず泳ぎなさい!」

 と言いました。

ちなみに先生は35才ぐらいの女性です。

 まさかばれるとは思っていなかったので、私は水着を持ってきていませんでした。

 そのことを言うと、先生はさすがに女子校の女性教師だけあって、なんと、

 「じゃあ、罰として裸で泳ぎなさい。さぼるとどうなるかの見せしめにもなるからちょうどいい。泳がなければ単位やらないから、高校留年だよ」

 と言いました。

 いくら女子校といっても、思春期の年ごろに自分の裸をクラスメイトにさらすのは、拷問のようなものです。

 特に私は、比較的やせてるわりに胸が異常に大きく、しかも、胸の色の付いてる部分(乳輪のことです)の面積がやたら大きいわりに乳首がうんと小さくて、品がなくって、すごく情けないのです。

 こんな胸をクラスメイトに見られたら、きっとひどいことを言われるだろうし、もう恥ずかしくていられません。

 体育で使うプールは、高校にはなかったので、近くの市営の体育センターのプールをいつも利用していました。

 もちろん、体育の授業として使うときは、貸し切り状態になり、私たち以外にはプールサイドには誰もいなくなりますが、私たちだけではコースが余るので、近くでプールのない高校(男子校)の生徒が、おなじ時間に一緒に使うこともあります。

 「留年」という言葉で脅かされては逆らうわけにもいかず、仕方なくみんなと一緒にその市営プールに行き、更衣室で、みんなと一緒に制服を脱ぎ、ブラとショーツを残して様子をうかがいました。

 でもみんなが着替え終わりプールサイドに集まり、私だけ更衣室で下着だけの格好でいると、プールサイドから

 「全員あつまった?舛田(私のことです)がいないじゃない!舛田、はやく来なさい!」

 と怒鳴るのです。

 仕方なく、ブラとショーツを外し、全裸になった情けない自分の裸を見て悲しくなりましたが、しかたなく、胸を片手で隠し、もう一方の手で前を隠してプールサイドへ行きました。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 高校 | 14:57 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハンカチ咥えてなさい



経理部のTさん・・・普段接することあんまり無かったけど、
たまたまちょっとした仕事で会話することがあって、
優しくていい方だなってのが最初の印象。
それがきっかけで、社内ですれ違ったときとかに、
少し話しするようになりました。
気が付いたら、好きになってて・・・。
でも指輪してたから、諦めなきゃなって思ってた。

あるときTさんと同じ部署Kさんの有志での送別会の話が。
幹事のTさんより女子社員が少ないから、参加してくれない?とのこと。
Kさんには仕事でお世話になっていたので、出ます!と私は即答。
他の女の子にも声かけてって頼まれて、
連絡取るのにメルアド教えてもらった。
そのアドレスは携帯のアドレスで・・・、
これを知ってしまってのがきっかけだったのかな・・・。


その後何人か女子社員声かけて、携帯からメールを送った。
その後ちゃんと感謝のメールが返ってきて、
結構マメな人なんだななんて、思ったなぁ。

送別会で初めてTさんと飲む機会があって、
お酒意外と弱いとか、飲むと陽気にかなり陽気になるとか、
色々知ることが出来て楽しかった。
後日Tさんに幹事お疲れ様でした!ってメール送ったら、
参加ありがとうメールきて、それからメール交換するように・・・

(・・・なかなか本題に入れなくてごめんなさい)
二日に1回ぐらいの割合でメールしていて、
Tさんのこと色々知ることが出来て、もっと好きになっていった。

あるときメールで、「ユリちゃんは彼氏いないの?」
なんて聞かれて「今はいませんよー」と答えたら、
「勘違いだったらごめんね。もしかして僕のこと好き?」
!!気付かれてたなんて!私はすごく焦った。
普段はすぐ返信しないんだけど、
「ごめんなさい!分かっちゃいました?
 きっと迷惑ですね。もうメールしません」と送信。

「前々からそうじゃないかなって思ってたんだけどね。
 こんなこと書いて、自意識過剰思われるかなって・・・
 でも、メールいつも楽しみだったんだ。
 もうしないなんて言わないでね」
とTさんからのメール。
結局私の気持ち気付かれてしまったまま、
メール交換は続いちゃいました。

その後たまたま帰りに偶然駅で遭って、
ご飯食べに行こうってことなりました。
さすがに会社の側だとまずいから、
ちょっと離れたところに行こうかとのこと。
お互い全然知らない駅で降りたので、
お店とか知らなく、チェーン店の居酒屋に入りました。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 職場 | 13:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。