FC2ブログ

女性のエッチ告白体験談集

女性のエッチ告白体験談集を厳選して集めてます。

2013年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

それって、レイプじゃないわ。和姦よ



26歳のOLです。昨年の暮れに忘年会で温泉に行きました。
私は二人部屋に同僚の子と泊まることになった時の出来事です。
一次会が終わると皆はカラオケ行こうとホテル内のスナックに飲みに行ってしまいました。
私は会社では一日中、パソコンの前でキーを打っているので
普段から肩が凝ってしかたがない毎日を送っていたのです。
二次会に行く前に同僚の子が
「真紀ちゃん、肩がひどいなら温泉に入ってからマッサージ頼んだほうがいいよ」
って言われて、簡単にうなずいてしまったのです。
それが、間違いの元でした。


風呂から上がって部屋に戻った私はホテル名と部屋番号を言ってマッサージを頼みました
(ホテルでは頼んでくれないので、直接電話したのです)。
マッサージ師は「目が不自由」と勝手に思い込んでいた私は風呂上りということもあって、
浴衣の下は淡いピンクのお揃いのブラとTバックの紐ショーツだけだったのです。
ビールを飲みながら待っているとドアのチャイムが鳴り、
ドアスコープから確認してから部屋に入れ、
つい何気なしに内鍵をかけてしまったのです。
50代位の彼をみてビックリしました。
サングラスをかけていなかったのです。
彼は「さあ横になってください」と言い、
世間話をしながらうつ伏せになった私の身体をマッサージし始めました。
肩から二の腕、肩甲骨辺りから腰周りへと揉み込んでいきます。
気持ちいいわぁ~・・・酔いも手伝って前進が痺れたようになって眠くなってきました。
足首から徐々に彼の手が上に上がって裏側から太腿に触った時
、ビクッと電気が走ったように快感を感じてしまったのです。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| レイプ | 12:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

女の先生×男子生徒



大学4年、教育実習生として母校(高校)へ2週間行った。
就くことになったクラスで初めて挨拶した時
1人の男の子と目が合った。
悪戯な笑みを浮かべてこっちを見ていた。
見るからにやんちゃな感じの男の子で
手を焼くことになりそうな気がした。
先が思いやられるな。。と思った。
それが私とHくんとの出会い。


Hくんは野球の推薦で入ったらしく勉強は全然できなかった。
居眠り、遅刻の常習で他の先生からも気をつけるように言われていた。
Hくんはクラスの女の子とはほとんど話さない反面
私には1日中ちょっかいを出していた。
バカな事ばっかりやっているようで
時々真剣な目をしたり気だるい表情を見せたりするので
私は不覚にもどきっとした。
指導案が出来上がらず帰りが遅くなった日
偶然部活帰りのHくんと同じ電車になった。
田舎の小さな駅で私たちは2人きりになった。
電車が来るまで私たちは取り留めのない話で盛り上がった。
「先生、いつまでうちの学校にいるの?」
突然Hくんがじっと私の目を見ながらそう聞いた。
「今週いっぱい。。」
その視線に耐えられず私はHくんから目を逸らした。


Hくんは急に立ち上がって自販機に向かいジュースを買って一気に飲んだ。
少し余らせて「ハイ。」と言って私に差し出した。
受け取る手が震えないように自分に言い聞かせた。
幸い何ともないふりをしてジュースを手にしたが
心臓の音がHくんに聞こえてしまうんではないかと思うほど
私の胸はどきどきしていた。
飲み口に口をつけた瞬間、キュンとなるのを感じた。
その夜、Hくんのことを考えてなかなか寝付けなかった。
次の日からHくんはアイコンタクトするように
私にいつも目で話しかけるようになった。
ジュースのことがあった翌日
Hくんが熱を出したらしく保健室にいると担任の先生から聞いた。
両親が忙しいので迎えにも来れないので
保健室で寝かせているとの事だった。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 年下 | 00:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

友達の彼を小悪魔的な感じで奪いたかった



大学が同じで、サークルが同じの、20歳の高志と聖子ちゃんは恋人同士です。
サークルは宇宙研究とロマンティックな名前で、
昨年の冬にはハワイ島のハレアカラの山頂にまでグループ12名で行きました。
その時に、真夜中にホテルのビーチを散歩していて、高志に誘われたのです。
聖子ちゃんの彼と知っていて、それに応じたのは小悪魔的な感じで奪いたかったのです。
その時はキスされて、胸を触られて、ショーツの下からマンコを触られて、
私は彼のペニスを舐めさせられました。
流石に性交は抵抗があり、オアフ島の夜に期待しました。
高志と聖子は相変わらずラブラブで、いつも手をつなぎショッピングや観光地でも同じでした。
私は彼の陰茎を舐めたのですよ。(フフフッ)


ある時に女性全員で、オアフ島観光で島巡り12時間の旅に出かけました。
私は生理が始まったからと参加しませんでした。
と言うのは夕べ、高志から明日逢おうよと携帯にメールが入ったからです。
みんなに「残念ね」と言われていましたが、私は胸がドキドキでした。
私は聖子以外の人との相部屋でしたが、高志が朝の10時頃来てくれました。
直ぐに抱きつき、明るく太陽の燦燦と入る部屋でお互いに全裸になり抱き合いました。
高志は、私のローストビーフを広げたような秘部のたたずまいに見入っていました。
アソコは潤みが走り濡れています。唇を当てて切れ込みを舐めだしました。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 大学生 | 01:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お互い何もなかったことにして 今でも親友



幼なじみの子とそうなった流れは、
その子がSMのSに興味があるってブッチャケて来た時に
私はMに興味があるかもって話になって 、
なんでも話せる仲だったしその時に思いきって、
「私レズかも知れないんだよね」って打ち明けたら
「中学の時から薄々気付いてたよ」とか
「○○さんのこと好きだったんじゃない?」とかカナリ図星で・・・


で、その時その子と2人で居酒屋とかで飲んでたんで、
お互い酔ってたのもあってブッチャケトークで盛り上がってたら
次のお店に行く途中の夜道で・・「女の子とキスしたことある?」
って聞かれて「無いよって」言ったら、
イキナリぶっちゅーーーってベロチューされて
私にしてみれば、願ったり叶ったりのこと。
(とにかく女の子とそう言うことがしたかったので)
拒まなかったんですけどw


2軒目で飲んでる内に、ひどく酔ってしまって
チューしたこともわけわかんなくなってて
帰り道でその子が、「家帰るの面倒くさいから、ラブホとか泊まっちゃわない?」
って言って来て 女同士で泊まってどうこうなるなんて、
思ってもいなかったし、友達同士だし、
私も酔ってたし普通にラブホにinしました。
お互い17だったけどバイトとかしてて、お金もそれなりにあったのと
その幼なじみの子とは親同士も仲が良かったので、
私はその子の家に泊まるって嘘ついて、その子は私の家に泊まるってことにして
ラブホに泊まってしまったんですが・・・・
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 女同士 | 01:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エッチな専務と



ある日の飲み会に、私、みわ先輩、パートさん二人(40代)、
男性社員6人の計10人が参加した時です。
二次会はラウンジ?でした
みんな軽く酔って、盛り上がったころ、踊ろうってことになりました。
踊りって言ってもチークなんですが。
誘われるまま数人と踊りました。
その時の男性はみんなチン○が硬くなってきて、
ブラウスの下から手を入れられ乳首コリコリされながら踊ったり、
チン○握らされそうになったり、
トイレに行く通路でキスされて胸揉まれたり…は、また別の話し。笑


その時のメンバーに専務(30代社長の息子、超真面目)がいました。
その専務に踊ろうかと誘われた時、思わずドキッとしてしまいました。
踊りながら(あれ?チン○硬くならないし~)と思ってると、軽く耳にキス。
緊張で震える中、曲は終わりました。
しばらくしたある日、私とみわ先輩と部長は急な残業でバタバタしてました。
とりあえずコーヒーでも入れようとフロアの外にある給湯室に向かいました。
その時出口のところで帰ったはずの専務とバッタリはちあわせたのです。
残業がまだ終わりそうに無いことを告げ、足早に給湯室へ。
コーヒーカップを揃え、頭より少し高い場所にある棚のインスタントコーヒーに手を伸ばした瞬間、
「キャッ!」いきなり後ろから専務が・・・。
両腕は強く私を包んでました。


私のおしりに専務の硬いモノが押しつけられています。
私は小さな声で「専務…イヤ…」と言ってしまいました。
腰を動かしながら耳とうなじにキスをしてくる専務。
体の向きを変えられ胸を揉まれながら優しく激しくディープキス。
「オッパイにキスしていい?」「え………あっ…」ブラウスのボタンははずされてました。
半カップブラをめくられ「かわいいね」と言いながら、左の乳首を舌でコロコロ。
右の乳首は指でクリクリ。
「あ…っ!ダメ」すでに私のアソコがグッショリなのが触らなくてもわかります。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 職場 | 12:58 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。