FC2ブログ

女性のエッチ告白体験談集

女性のエッチ告白体験談集を厳選して集めてます。

2013年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネットで知り合った彼と酔った勢いで



先日、ネットで知り合った彼と飲みにいきました。そのときのお話です。
まず居酒屋で二人で飲みました。お酒が入ってくうちにどんどんいい気分になってきて、
2件目のお店に行く頃には2人とも手つないでました☆
飲んでるとき彼が何回も私に「付き合って」とか「大事にするから」とか
「だいすき」って言ってきたけど、
どーせ酔ってるから言ってるだけだと思い、流してました。
でも居酒屋でずっと手つないでて、チューもいっぱいされました。
いろんな人に見られてたけど・・・。


店を出て裏通りで二人でディープキスしたり
抱き合ったりずっといちゃいちゃしてて、
彼がカラオケいこう! って言ってきて、
疲れたから眠れるのがいいくない? って
彼が言ったのでさやはOKしました。
はじめはホテル行くつもりじゃなかったんだけど
酔ってたせいもあってすんなりOKしてた気がします。
ホテルについて、また二人でお酒のみはじめて一気とかしてたんです。
そしたらソファーで何回もキスされて、電気くらくされて・・・
テレビも消されて・・・ながーいディープキスしました。
その間、彼の手がさやのブラをはずしてそのままおっぱいを触ってきました。
酔ってたからいつもよりきもちくて「あっ・・・」って
声だしちゃって彼がだんだん興奮してきて、「ベッドいこ!」って言われて、
言われるがままに連れて行かれました。
そのまま倒されてチューして彼がおっぱい揉んで、乳首も舐めてきました。
すごく感じていやらしい声たくさん出ちゃいました。
乳首舐めてる間彼の手はさやのズボンを脱がしてて
いつのまにか全裸になってて彼のも脱がしてあげました。
二人とも裸で彼はチューしながらさやのクリを触ってきました。
そして濡れたマンコに指をつっこんできました。
マンコはグショグショで彼はびっくりしてました。
「すげー」「濡れ濡れだよー」って言われてもっと濡れちゃいました・・・。
彼の指がマンコの穴に1本はいって・・2本・・・3本って入ってきて
奥まで突かれて部屋中にさやのマンコの音が響いてました。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 不倫 | 13:38 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

娘と同い年の彼に恋しています



一人娘も短大を卒業し、昨年その街で就職しました。
たまに帰って来ては、
「ママ、最近綺麗になったね・・」だなんて言います。
「誰かに恋してるの?同じ女だから分かるわ。もしそうだとしたら、いいことよ。
まだ40過ぎだから、恋したって当然よ。私は応援するからね」
娘と買い物に出た時、確かにナンパされたことがあります。
女としては、嬉しいことかな・・
娘は、薄々私に男性がいることを感ずいているようです。
私はとぼけていますが、ばれているようです。
そう、私は今、恋しています。彼に・・


彼は、私の膝が好きみたいです。丸くて形がよく、
白い肌が大好きだって言ってくれます。
彼は、美容師の卵・・・娘と同い年だなんて・・
あまり時間が取れない中でも、必ず毎日、携帯にメールを送ってくれる彼。
私が、彼のヘアーモニターとなって、4ヶ月。
最初にデートしたのは、年明けの初詣。
私の形のいい膝をいつも見たいといって、膝上のスカートを冬の間も履いていました。
それも素足で・・靴下とブーツ姿。
若い子達と同じ姿は、少し照れたりしましたが、彼の好みなら・・とお洒落しました。
3月25日、私の42回目の誕生日。
彼は、休めない美容室の仕事を、何とか休んでくれました。
彼の車で、ドライブ。
公園を散歩し、いつの間にか、どちらからともなく、指を絡ませて歩いていました。
膝上のスカート・・
「寒くない?」と優しい彼。
「今日は、少し遅くなってもいいかな・・?」
私は、うなずいていました。
彼とデパートに行き、私の誕生日のお祝いを買いに行ました。
彼に手を引かれ、行き着いた場所・・・ランジェリーコーナー・・
彼は、私にブラとパンティを選ばせ、支払ってくれました。
男性から下着をプレゼントされるなんて、初めてのことで、
恥ずかしさと嬉しさが交互して、戸惑いました。


後日の話ですが、娘からの電話で
「どうだったの?ママの、誕生日。何かもらった?」と娘。
「男性に下着をもらったことある・・?」と私。
娘は、ひどく明るくなり、
「わあ、素敵。もらったのね、ママ。素敵だわ」と言います。
「で・・許しちゃったの?」
「え?」
「もう・・抱かれたの?」
「それ以上、何もないわよ」と私。
その夜、デパートの地下駐車場の車に戻り、二人後部座席。
「紀子・・好きなんだ・・」彼から、初めて聞いた言葉。
「ありがとう・・」
「ひとつ、お願いがあるんだ・・」
「なあに?」
彼はうつむいてしばらくじっとしていましたが、
「紀子に、パンティを履かせてあげたい・・・」
「え?・・どこで?」
「行こう」
彼がそう言い、車を出ました。彼に手を引かれ、駐車場のトイレへと。
女子トイレ・・彼が素早く個室に入ります。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 年下 | 12:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

主人たちの悪企み



初めての体験をしてきました。
このGW、私も主人もカレンダーどうりの仕事、
でも、何とか前半の連休に家族で旅行に行ってきました。
私29歳、主人30歳、子供4歳と2歳、結婚6年目の主婦です。
子供が通う保育所の保護者の家族3組で1泊の旅行へ行ってきました。
私の家族は4人、中村さんの家族は4歳の子供と奥さんとご主人で3人、
田中さんの家族は4歳と3歳と1歳の子供と奥さんとご主人で5人の家族なんです。
それぞれ、自分の家の車に乗り飛騨高山に行ってきました。
4歳の子供が同じクラスで仲がよく、
途中、中村さんの車に子供たちが乗ると言い出したり、
少し走ればトイレだの喉が渇いただの、お昼ご飯だの、
何とか高山について町並みを見ながら歩けば疲れたと言い出し、
それでも夕方何とか民宿に着きました。


でも、それからも大変。急いで子供をお風呂に入れ晩ご飯、
少し遊んでなんとか寝かしつけたころには疲れて母親たちもダウンの有様です。
父親たちも当然手伝ってくれますが、食事の後の父親同志の飲み会で食堂にいます。
部屋は家族単位で3家族隣同士、薄い壁で子供が夜中に泣けば聞こえてしまいます。
そんな中、すごい事が起こってしまいました。
私も子供二人を何とか寝かしつけうとうとしていると、
主人が入ってきて私の背中に回り抱きついてきたんです。
「今日はだめ、みんながいるんだし。」
といっても離れようとはしません。
そのうちやめるだろうと思っていましたが、
今度は寝巻きを脱がし始めました。
私も頭にきて、それでも小さな声で、
「だめだって言ってるでしょう。」と、振り向くと、
そこにはなんと中村さんのご主人がいるんです。
「シーッ、今、ご主人は田中さんの奥さんの所にいます。
田中さんのご主人は私の家内の所にいて、抱き合っていますよ。
だから、静かにしてください。」
私はやっと主人たちの悪企みに気がつきました。
主人が最近、「俺以外のものに抱かれてみないか。」
といっていた事に気がつき、このことだとわかったんです。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 浮気 | 14:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昔の彼にされて体が覚えてる



このあいだ昔の彼にあったこと。
そしてあれからついにデートしてしまいましたよ。
前にあって丁度一ヵ月後にダンナの出張があって、
三日ばかり留守になったので、携帯に連絡してみました。
彼も連絡を待っていたようで、すぐに会おうということになりました。
久々のデートなのでもうワクワクでした。
やっぱり最後まで期待してるので、ダンナには見せない下着を着けて
あくまで清楚な感じでさりげないおしゃれをしてみました。  
彼は昔からそうなんだけど、居酒屋派なんだよね。
だから久々のデートも昔行ったことのあるこじんまりとした店でした。 
懐かしくて、うれしくって、私も少し飲んで楽しかった。
店を出たのが九時半ころかな・・・
エスコートして歩くうちに、「じつは、ホテル予約してあるんだ」といわれて、
それまでの会話が途切れて黙ってついていってしまいました。 
だって私も期待してたんだから。


部屋に入ってからは、シャワーの前にゆっくりと服を脱がされていました
でも下着を脱がせてくれません。
とにかくゆっくりと抱いて、指先から腕から首筋から背中から、
私の感じるところを昔のようにキスしてくれました。
それからようやく、二人でシャワーを使ったのですが、
すでに私は適度のアルコールのせいで下着の中は濡れていました。 
シャワーを使って私をいっぱい洗ってくれるのですが、
あそこだけは彼が口で吸うといってききません。
とにかく濡れてるのが恥ずかしいので嫌がると、
壁に手をつかされてバックからクンニされてしまいました。
かれのものも硬く硬くいきりたっているので、
手にシャボンをつけてしごいてあげ、口でもしてあげました。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 不倫 | 05:03 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。