FC2ブログ

女性のエッチ告白体験談集

女性のエッチ告白体験談集を厳選して集めてます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【女性のエッチ告白体験談】三十四年ぶりの再会



大勢の人が新幹線から降りて、流れるように改札口を通過していきました
その流れが見える片隅で、私はあなたの姿を探し求めました
見あたりません…
それもそのはずです。あれから34年も経っているのですから…
二十三歳のあなたの顔は浮かんでも、五十七歳のあなたの顔は分からないはずです…
人並みが過ぎて改札口を通る人もなくなりました
待合室を見渡しても、それらしき姿は見あたりませんでした

「片手に新聞を持っていますから…」と電話で予め聞いていましたのに…
新聞を手にしたそれらしき人は見当りません
諦めて帰ろう…と思ったその時、売店の前に立っている人に目がとまりました 
その人は紳士で、私の記憶にある二十三歳青年の面影ではありませんでした

その人に向かって歩くと、その人も気がついたのか、私の方に向かってきます
近づくとその人は
「失礼ですが、山下睦巳さんですか…?」と
私の旧姓をフルネームで呼びかけてくださいました
どちらから声かけるともなく、自然の流れで挨拶を交わしていました
34年ぶりに見るあなたの姿…
それは立派な熟年紳士で、
あの青年時代の面影は蘇りませんでした

あなたの予定も聞かずに私は
「ラベンダーでも見に行きましょうか…」と云ったらあなたは
「いや暑いから、あのホテルの喫茶で話しましょう…」と云われ、
駅前の三十六階建「オリエンタルホテル」、
一階の「ティー.ラウンジ」に足は向かっていました
お茶を飲みながら、阪神淡路大震災の模様を聞かれたので、
その当時の惨状のすべてをお話ししました
話しているうちに、顔のどこかに、多少、当時の面影が残っていました

「食事をしましょうか…」と誘ってくださいました
料亭「生野」は三十五階で、エレベータに乗り込んだら誰もいなく、二人だけでした
ただ黙って、うつむいて、移り変わる外の街景色を眺めていました

あなたは会席料理を注文してくださいました
その日は私の誕生日でした
あなたはこの日を覚えておられたのでしょう…
だからこそ、あのとき震災見舞いといってこの日を選んでくださったのでしょう…

三十五階から見る神戸の街は震災の跡形もなく綺麗に復興していて、
高層から見降ろす街は、手の届くほんの近くに見えました。
積もる話に花が咲いて、まったく時間を忘れていて、すでに二時間も経っていたのに、
会席料理の終りが告げられるまで、気が付きませんでした

あなたは三十六階の「スカイ.ラウンジ」へ誘ってくださいました
三十五階を出て三十六階に往くとき、
どうしたことか、エレベータは下に下がってしまいました
「L」に着いたエレベータから、三十六階のボタンを押すと
エレベータは再び昇りはじめました。

エレベータには誰もいなく、二人だけでした
あなたは私の肩にさりげなく手をかけ、抱き寄せようとされましたが
女の本能でしょうか、私はすんなりと身をかわしていました

エレベータが止まったので降りたら、そこは先程の三十五階、
ラウンジは三十六階だのに…
「階段を上りましょう…」あなたは云われました
仕方なく階段を上っていくと…
階段の踊り場であなたは立ち止まり、
私を振り向いて何も言わずに肩に手を掛けられました
またも女性本能…、防御心…といおうか、私は黙ってその手をそっと払いのけていました
あなたはそれ以上何もせずに さっと手を引かれました…

拒まず委せて抱きしめられれば良かったのに…と後になって後悔しました
あなたが話題の中に、そんな雰囲気を醸し出してくださっていれば、
そんな気持ちにもなって、受け入れていたのかも…?
あなたは私を抱き寄せたくて階段を使ったのでしょうに…
そして私があなたの抱擁を受け入れていれば、
あなたは、ホテルのルームに誘う気だったのかも知れません
そうであるなら、あなたには男としての強引さが、今いちあって欲しかった…?

喫茶はあいにく満席で、席が空くまで入り口の薄暗いロビー席で、
二人は並んで座り、席の空くのを待ちました
先程のこともあって、お互い黙ったまま…

そんな時でした、
あなたの手が再び私の太腿に触れ、
わたしは、膨らんだ柔らい太腿に男を感じました…が……?
場所が場所だけに、その時も私は手を払い除けていました
あなたはその時も、さっと手を引かれました
知らぬふりして、あなたのするように委せてあげれば良かったのに…
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 未分類 | 13:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【女性のエッチ告白体験談】誰も言えない…



誰にも言えない…恥ずかしくて相談もできません。
こんな事を母親に知られたら両親は離婚してしまうかも!!
私は父が好きだけど、ハッキリ言って離婚した方が良いと思います。母が可哀想なんです。
実は私…中学三年ぐらいから父に夜這いされてます。本当は私がいけないのかもしれません。
私がお風呂から出てテレビを見ながら濡れた髪の毛を乾かしていたら、近くに座ってた父が…「お前、可愛くなったな。」と言ってくれました。
いつもは「バカ」「女の子らしくしろ」「結婚出来ない」とばかり言ってました。
私は父に「今日は変だね♪」と言いました。
父がニコニコしながら部屋から出て行ったので、もう寝るのかな?と思い私は部屋で大胆にもお風呂あがりで濡れたTシャツを脱ぎ捨て、首にバスタオルを巻き、ブラジャー姿でテレビを見ていたら…知らない間に寝てしまったみたいなんです。この時は冬~春になる季節の変わり目で我が家ではコタツが出てました。
私はコタツの中に潜り込み顔だけを出して寝てました。その時です!!父が部屋に入って来ました。
私は部屋のドアと父の足音で目が覚め「うわ!まずい…」とコタツで寝たふりをしてましたが、父が「テレビを付けたまま寝るなよ。寝るなら布団で寝ろ!!」と私を起こそうとしてました。父が私の横に座りコタツに入ってきて…上半身裸のお腹部分に父の手が触れてしまいました。
父の手が私の上半身を確かめてました。くすぐったいのですが私は抵抗しないで我慢してたら…私の胸に手を乗せ撫できて、父の手が止まったと思ったら父が私の体を少し引き上げ、膝枕してくれ…私の背中と頭を撫でてました。
父の手が私のブラジャーを外してしまい…ブラジャーの締め付けがなくなりました。私は恥ずかしくて…父に何されるのか?泣きそうでした。
父は私の頭を撫でながらどんどんと男性のアソコまで引き寄せ、私の頭に硬い物が当たり…
私「キモイ!!お母さん助けて~」と言いたかったのですが、怖くて声が出なかったです。
私は父のされるがまま身を任せて堪えてました。
父は無言のまま…ふぅ~ふぅ~と呼吸が乱れて、私の頭を撫で、背中を触り、お腹をなで、私の胸を直接揉み始め、乳首を摘んだり、左右のおっぱいをワシ掴みで揉まれ、私のパンティーの中に手を入れてられ…私のアソコを指でクチャクチャいじられ訳のわからない状態で声を押し殺しながら私「はぁはぁ…うっ!」
私「あう!はぁう…!」
私は感じてました。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 未分類 | 15:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【女性のエッチ告白体験談】きっかけ



 いつものように子供と主人を送り出したあと、朝食の片付けを終えてパソコンの前に座りました。メールをチェックしたんですが、今日も仕事の依頼は来ていません。子供ができたので在宅でできる仕事をと思い、私はHP作成の下請けみたいなことをしています。景気が良かった頃はそれなりに忙しかったんですが、今では月に1回仕事がまわってくるかどうかという感じです。
 しかたなく、私は暇つぶしにネットの巡回を始めました。パターンはだいたい決まっていて、求職情報や趣味のHPに行ったあと、最後はHな告白の掲示板にいくんです。他人のセックスに興味があるっていうよりも、欲求不満だったというのが正直なところです。というのも、子供ができてからの夫は淡泊になってしまい、そのうえ忙しいとかでほとんどかまってくれません。私はまだ32歳で、身体が疼くってわけじゃないんですが、やっぱり寂しすぎます。かといって、浮気するほどの勇気もないので、HなHPを見て気を紛らわせていたんです。
 そんなある日、いつも行く掲示板で変わった書き込みを見つけました。不倫しているという内容なんですが、その人の相手は飼っている犬だというのです。簡単に言えば、私のように暇をもてあましていて、悪戯から犬と関係を持ってしまったという内容でした。おまけに、犬とのセックスは想像以上の気持ち良さで、喋られることもないので最高の浮気相手だというのです。
 投稿を読み終えたあと、昔の事を思い出して顔が赤くなりました。というのも、自分が中学生だったとき、犬にアソコを舐めさせた事があったからです。あの頃は興味だけは人一倍あって、セックスの時に男の人にアソコを舐めてもらうというのを雑誌で読み、どんなに気持ちいいだろうと想像を膨らませていました。でも、実際にするなんてできませんから、その頃飼っていた犬にアソコを舐めさせてみたんです。家に誰もいない時を狙ってしたんですが、すごく恥ずかしかったことと、気持ちよくて声を出してしまったことは覚えていました。

 洗濯や掃除を終えて昼食を食べたあと、私はジョッシュを連れて散歩に行きました。リードを手にいつもの道を歩きながら、HPで読んだ体験談が頭の中をよぎります。できるはず無いって思いながらも、何となく気になって視線がアソコに向いてしまうんです。私は意識しないように前を向いて、変な気分のまま散歩を早めに切り上げました。
「・・・・」
 玄関に座ってジョッシュの脚を拭きながら、股間のあたりをジッと観察してみました。でも、人間みたいにペニスが見えるわけでもなく、タマタマだけがブラブラしています。
「ジョッシュ、ほら・・・」
 ちょっとした好奇心から、スカートをたくし上げて足を広げてみました。人間相手に発情するはずないと思っていたので、ちょっと恥ずかしいとは思いながらも軽い悪戯って感じです。そしたら、ジョッシュは股間に鼻面を近づけてきて、アソコの匂いをクンクン嗅ぎ始めたんです。
「やだっ!!!」
 アッと思って足を閉じようとする間もなく、そのまま前進してきたジョッシュに押されて仰向けになってしまいました。足の間にジョッシュがいるのでどうする事もできず、私は気が動転してオロオロするだけです。
「う、うそっ・・」
 私の身体を押さえつけるようにしながら、いきなりジョッシュが腰を振り始めました。いつの間にかペニスが大きくなっていて、ショーツの布地越しにアソコに何度も当たってきます。
「だめぇっ!!!」
 思い切って大きな声を上げると、ジョッシュは驚いたような顔をして離れていきました。私が急いで起きあがると、ジョッシュはペニスを突きだしたままこちらをジッと見ています。
「あ・・」
 初めて見たジョッシュのペニスに、私の目は釘付けになってしまいました。それは充血したように真っ赤な色で、亀頭の部分が無くて尖った棒みたいな形です。おまけに、夫のモノよりも一回りは太く、長さも20センチくらいはありそうです。
「ホントに・・、気持ちいいの・・・」
 掲示板で読んだ内容を思い出して、身体がカーッと熱くなって心臓の鼓動が一気に激しくなりました。形が少し変わっているとはいえ、あんなに逞しいペニスを見たのは初めてです。犬とするなんてと思いながらも、頭の中がグルグルと回って目の前がボーッとなっていきます。一度だけならと思って私はショーツを脱ぎ捨て、再び仰向けになって足を大きく広げました。
「あぁっ、やぁ~~・・」
 ジョッシュはすぐにのしかかってきて、さっきと同じように腰を激しく振ってきました。ペニスが股間のあちこちにぶつかり、私は興奮してどんどん高まっていきます。相手が犬だということは分かっていても、こうなってしまうと止めることができません。私はたまらなくなってジョッシュのペニスに手を添え、濡れまくった入り口に導いてしまいました。
「あはあぁっっっ!!!!!」
 ジョッシュの太いペニスが膣口を押し広げ、そのまま膣奥まで一気に押し入ってきました。久しぶりの快感に私は我を忘れ、相手が犬だというのに愉悦の声が出てしまいます。
「あふぅっ、すごいぃ・・・」
 ジョッシュは小刻みに腰を振り立て、すごい勢いでペニスを出し入れしてきました。でも、私が初めての相手ということもあって、すぐに抜けてしまうんです。私はその度に自分の膣内に導き、抜けないようにジョッシュの体を引っ張っていました。
「ひあっ、いっ・・いいっ!!!」
 ジョッシュは、夫とのセックスでは絶対に味わえない荒々しさで突いてきます。結合部からはグチュグチュとイヤらしい音まで聞こえ、何度も背筋を電流が走り抜けていきます。私は感じすぎてあられもない声を上げ、腰を持ち上げた格好でジョッシュに何度も射し貫かれていました。
「くはぁっ・・、はぁ・・はぁ・・・」
 腰を持ち上げているのが辛くなって身体を落とすと、ジョッシュのペニスが膣内からズルッと抜けていきました。再び目にしたペニスは血管が浮き出てさらに太くなったように見え、その先端から水のような精液をピュッピュッと噴き出しています。私はそれを見て何とも言えないショックを受け、いきなり現実に引き戻されてしまいました。勢いとはいえ犬のペニスを受け入れ、そのうえ膣内に射精されてしまったんです。ペニスを受け入れれば射精されるのは当たり前の事ですが、私は逞しいペニスを挿れてもらう事だけを考えていて、最後にこうなる事はまったく気にしていなかったんです。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 未分類 | 15:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【女性のエッチ告白体験談】刺激



今年の短い夏の1番暑かった日に、近所の八百屋のAさんとエッチして、私の淫らな体の写真を撮られ、下着まで盗まれ、惨めな思いで一人ラブホに残されて以来、近所の商店街を避ける様に生活していました。
 あれから10日程経ったある日、会社から帰宅してみると、同居している女子大生の知ちゃんの彼氏が一人、リビングにいました。

 私は「知ちゃんは?」と聞くと、「知子、コンビニに買い物に行っている。ところで、玄関の郵便受けにこんな物が入っていたよ。」とテーブルの上の大きな茶封筒を私の方に押しやってきました。
 宛名も何も書いてない封筒で、中を見て見ると、先日のAさんとのエッチな写真をプリントアウトした物が10枚程と、その時盗まれた私のパンティが中に入っていました。
 知ちゃんの彼はニヤニヤしながら「直美さん、セクシーだね。今度その写真貸してよ。オナニーするには最高だよ。」と私をいやらしい目つきで見つめます。
 私ははずかしくなり、封筒を持ったまま自分の部屋に逃げ込みました。(知ちゃんも見たのかな?)

 写真の数枚は私が失神している間に撮った、精液まみれの私の顔や、胸、お腹、アソコのアップと全身写真。
 残りは彼が私の中に彼のアソコを押し込み、攻め続けている最中の私の感じている時の上半身。
 こんな写真撮られていたなんて気が付かなかったので、驚いたのと、以外と私も嫌がっている表情ではなく、恍惚とした表情で写真に写っていた事に驚きました。

 盗まれたパンティの方は彼の精液まみれで帰ってきました。
 中に手紙が入っていて「直美の写真とパンティでいっぱいオナニーさせてもらったよ。オナニーも飽きたので今度の土曜、また一緒に楽しもうぜ。断ると写真をネットで流すよ。」と脅迫まがいの文書が。

 土曜日に私は指定の時間に待ち合わせの場所に行きました。その後、3ヶ月程、毎週土曜日の12時から18時までの6時間ラブホで彼のなすがままに・・・・・
 毎回、ラブホに入るなり、彼は自分で買って来た下着や洋服を私に着せます。セクシーな物からロリコン風の物まで様々です。
 デジカメで服を着たままの私に色々なポーズをさせ写真を撮り、少しづつ服を脱がされ、その度に撮影会が始まります。
 乱暴に制服を破られた写真とか両腕をベットに縛られ、犯されていく過程を写真に撮って行くとか色々・・・・

 私のアソコに口をあて、オシッコを飲んだりとか色々・・
 椅子に股をひろげて座らされ、私のラブジュースを舐めながら、お酒を飲んだり・・・・
 浴室で浣腸をされ彼の顔の上にウンチをしたりとか・・・(これって変態プレイですよね!)
 最初の頃は嫌だったのですが、数回経験するとさほど気にならなくなり、最後にベットで彼に抱かれる快感に私は喜びを感じ初めています。

 最近の彼はベットではとても優しく、丁寧に1時間近く、舌や指で私の全身を優しく愛撫してくれます。
 私のアソコのポイントも分かっている様で、顔中私のラブジュースまみれにしながら、何度も舌でイカセテくれます。
 彼のチンチンを私の中に入れる時も「直美、入れるよ。俺、直美とできて幸せだよ。」と耳元で優しく囁いてくれます。
 私の上での腰使いも強く、強く、優しくとリズムに変化をつけながら、私の耳元で「直美、愛してる。直美のオマンコ気持ちいい。直美、綺麗だ。他の男に取られたくない。直美、気持ちいいよ。オマンコきもちいいよ。」と荒い息遣いで囁きます。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 未分類 | 15:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【女性のエッチ告白体験談】大人のセックス



20歳の女子大生です。相手の男性は、大学時代にアメフト部に所属していた大柄でガッチリした児玉さん、32歳です。会員として通っているスポーツジムで知り合った商社マンです。

 児玉さんと知り合った当時、私には大学の先輩の彼がいて児玉さんもそのことを知っていたのですが、児玉さんは、それでも私のことを熱烈に口説いてきました。
 先輩の彼とはうまくいっていたのですが、児玉さんの筋肉質でガッチリした体格や落ち着いた雰囲気に好意を持っていた私は、次回のジムの帰りに食事をする約束をしてしまったんです。

 ジムの帰りに児玉さんとのドライブを楽しんだあと、ホテルのバーで食事をしてお酒を飲みました。
 付き合っている彼に悪いとは感じたのですが、私の頭のどこかでは児玉さんに抱かれるかも知れないとか、抱かれても構わないという気持ちもありました。

 お酒を飲みながら、児玉さんはさり気なく「ゆきこちゃんのことを今晩抱くから」って言ってきたんです。
 児玉さんのあまりの落ち着きにビックリしたんですが、私に断る余裕はありませんでした。

 ホテルの部屋をとっているときから私の心臓はどきどきしていましたが、彼は相変わらず落ち着いていました。
 部屋に入るとすぐにキスされました。
 彼が先にシャワーを浴びたあと、私も浴びました。私がシャワーから出ると、彼が待ち構えていて私を肩に担いでベッドまで運びました。

 キスされたあとバスローブを脱がされたけど、私は恥ずかしさのあまり胸を必死に両手で隠しました。
 彼は、両手で胸を隠す私をそのままの状態で抱きしめて激しくキスをしてきました。

 キスを終えると「手をどかして胸を見せてごらん」って言ってきました。私が首を振ると、彼はじっと私の顔を見つめてから私の両手首をつかんでベッドに押し付けたあと、乳首を吸ってきました。
 その瞬間に全身に電流が流れました。
 私は、「大柄でガッチリした男性に抱かれてる」って考えただけですごく興奮しました。

 その後も、無言で私の体全身を舐めまわされました。
 大学生の彼は、私に「気持ちいい」とか「感じるだろう」とか常に聞いてきたのですが、児玉さんは無言のまま私の肉体を堪能してくれました。これが大人の愛撫なんだなあって感じまくってました。
 セックスも、いままでの私のセックスが『子供のエッチ』って感じるくらいの激しく情熱的なものでした。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 未分類 | 15:34 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。