FC2ブログ

女性のエッチ告白体験談集

女性のエッチ告白体験談集を厳選して集めてます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

形が凄くキレイだったので萌え。



去年の暮れのこと。職場の友達何人かで飲みに行きました。
みんなお酒ダイスキーなんで、週の半分は飲んだくれております。
その日も仕事や内輪のバカ話で盛り上がり、盛り上がりすぎて閉店時間になり、
飲み足りない私と友人T(♀)だけ、当然のように2軒目へ。
チャリ2ケツで夜の街を疾走です。
そこはテーブルがそれぞれ炬燵になってるお気に入りの居酒屋。
店長がかっこ良くて、それ目当てで通ってるってのもちょっとある。
とりあえず駆け付けビールで乾杯。何度目だ?
チャリが効いたのか、かなりおかしなテンションにw

とそこへ、たまたまTの友達の♂3人が登場。
Tはほぼ毎晩飲み歩いているので、飲みツレがやたら豊富です。
Tは遠距離恋愛、私は別れかけの彼氏がいて、お互い♂関係は(´・ω・`)ショボーン大半。
T「おー、何、今日も男ばっかでつるんでんの?」
♂「お前もやん、人のこといえねっつーの」
そこで初対面の私(C)が自己紹介。
何と♂3人は23歳とか24歳とか・・・年下ですか、そうですか。
私は27歳、Tは28歳。二人とも童顔でやせっぽちなんで、
よく言えば若く見える、悪く言えばガキっぽい。
まあ年下のかわいいやんちゃ君達と、おねーさんが遊んであげようか、ってな気分でさらに乾杯。
だから何度目(ry

♂3人は結構ノリも良くて、よく笑いよく飲むwいい子達で、
特にRはふわふわ頭に眼鏡にヒゲでおまけに声が柔らかくて、正直モロ好みでした。
いい男がいるとお酒もおいしいもんです。凄いペースでビール&焼酎&ビール。
もうね、おねーさん今日は酔っちゃうよ。君ら無事に帰れないよ?
冗談はさておいて、そのうちにお酒&炬燵効果で、本気でふにゃふにゃになってきました。
この辺からあんまり記憶が定かじゃない。
隣に座ってたRがときどき頭をなでなで〜、ほっぺたすりすり〜
ってしてくれるのがとてもとても嬉しくて、甘えて寄りかかってたっぽい。
Tによれば、服の匂いをやたらかいでいたらしいw
男の子の匂いって、何かメチャメチャときめくんですよw(←変態?)

そのうちにどうやらちょっと眠っちゃったらしくて、
気がついたら炬燵の中でRが、私の脚に手を乗せて優しくなでていました。
あ〜、それもアリだな。と薄れゆく意識の中でウットリ。
  ↓こっから記憶ナシ。
そんで2時、閉店と同時にみんな解散したらしい。
Tはすっかりおネムモードで、私を置いてさっさとチャリに乗って逃亡したらしい。
もう勝手にやっとけー、ってな感じだったそうな。
♂二人も同様に逃亡。
残されたRは、私をおんぶして近所の彼のアパートまで連行。
実は連れ去られる途中でさすがに目が覚めたんですがw
意外とヘタレなんで、寝たふりしてました。

彼の部屋に着いて、とりあえずコートを脱がされ、ベッドに寝かされ、
Rはキッチンに行って何かやってます。水を飲む音。私はまだ寝たふり。
ベッドサイドに戻ってきて座り込み、私の髪をなでます。
そしてその手がほっぺたに、耳に、くちびるに。
すっごいドキドキして、頭ががんがんします。
ふわっ、とキスされました。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 年下 | 13:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かわいい男の子をおしゃぶりで



紳士服フロアをの接客担当しています。
25歳の女で、彼氏なし。

男子高校生にいたずらしちゃいました。
スラリとした長身、長い手足、小さめで引き締まった
お尻にジーパンが良く似合っていました。小顔で
目鼻立ちはクッキリしていて、かなりの美形でした。

スラックスって ウエスト、それに股下を
はかるんです。フツウは服の上から・・・。

その男の子は
試着したけどサイズがあわなくて
試着室に呼ばれました。

「じゃあサイズはかりましょうか?」って言ったら
ジーパンを脱いじゃって・・・。

彼の前で片膝ついて、ウエストはかって..。
「74 ですね」って彼の顔を見上げたら、彼の視線は
私の胸とふとももに・・・。
彼の位置からだと、ブラウスの中やスカートの中が
見えていたみたいです。

股下をはかるとき、わざと彼のブリーフの前に手を
あててはかりました。メジャーの端を持って、
手の平がちょうど彼のにあたるように。
なんか すぐに大きくなっちゃって・・・。

いつもははからないけど、ヒップもはかりました。
私が膝立ちしてるから、彼のチンポはちょうど私の顔の前・・・。
メジャーを彼のヒップの後ろへまわすとき、
ビキニっぽいブリーフからはみだしそうなところへ
わざと頬をつけて・・・。

激しい息使いが聞こえてきて、ふと少年の股間に目を
やった私はびっくりしました。少年のビキニの股間は
大きくモッコリと盛り上がってました。

「どこ見てるの?Hねえ。ところであなた名前は?」
「あっ、〇〇です」
「下の名前は?」
「健一です」
「歳は?」
「17歳です」

私は興奮で頭がくらくらした。
見ると、健一のビキニの前はパンパンに膨れ上がっていた。
「健一く~ん、どうするの~?そんなになっちゃって」
健一は一瞬腰を引きました。恥ずかしそうに勃起を隠そうとする。

「ふふふっ、かわい~い、真っ赤になってるよ~。キミ
ひょっとしてまだ童貞?」
私は右手を健一の太ももに這わせてゆっくり股間まで近づけていきました。
そして、大きなビキニの前の膨らみを撫で回しました。
そこはパンパンに硬くなっていました。

「お姉さん、も、もう、俺、我慢、我慢出来ないっす!」
「だめ!言いなさい!」
「ああ~して下さい」
「何を?」
「何って・・・その気持ちいいこと」
「んん~、もうやめるわよ。いいなさい、チンポしゃぶって欲しいって!」

健一は信じられないといった顔をした。私の口からこんなやらしい
言葉が飛び出すとわ思わなかったのだろう。私の方は興奮でもう
いてもたってもいられなくなった。
もうすぐにでもチンポにむしゃぶりつきたかった。

「チ、チン・・・チンチン」
「だめよ、チンポって言って」
「チ、チンポしゃぶってください!」
健一は照れて真っ赤になりながら囁いた。私はそんな健一に凄く
好意を持った。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 年下 | 13:27 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

言い訳です。寂しかった



高校3年生の一人息子の家庭教師とのことです。
私は50目前の仕事をしている人妻です。彼は25歳の社会人の独身です。
勉強はもっぱら彼のお休みの日に教えてもらっています。
彼の家は近く、先冬、彼がインフルエンザになった時など
彼の家に行きお掃除などをしてあげたこともあります。
その時、いわゆる「熟女AV」があったことがありました。
彼女もいないと言っていましたし、
若い男の子だから当然だろうな、とその時は思っていました。


ここ何ヶ月前から彼が家庭教師に来る日ちょっとおしゃれをしたりと
心待ちにしている自分に気がつきました。
時々私の家で食事をしていく時などは腕によりをかけて料理しました。
息子も「先生がいる時はちがうね」。
主人は「先生は一人暮らしだからいっぱい食べて行きなよ」
と私の気持ちは悟られませんでした。
ただ、主人は単身赴任をしており最近はかまってくれず寂しい思いはしていました。
私が彼を意識しだした頃、彼にも変化が感じられました。
私の背中に彼の視線を感じたり、かがんだ時、胸元に視線を感じたりしました。
またある時、「結婚するならお母さんのような女性がいいな」なんて言ったりしました。


私の仕事は日祝と隔週木曜がお休み、
彼の職場は7月からお休みが木金となったところです。
最初の木曜日、私はお休みで一人家にいると彼がやってきました。
「今日はちょっとご相談が」というのであがってもらいお話を聞きました。
突然ですが来月早々子会社に出向する。
遠くだからもう家庭教師はできない。
せっかくとっても親切にしていただいたのに残念です。
結婚するなら恵子さん(私の名前)のような女性がいいです。
お世話になりました。息子さんには私から伝えますので。
と彼は話しました。私は寂しくなり彼の膝に泣き崩れました。
仕方ないよね、ありがとう。でも本当に私みたいな女性が好きなの?
彼は「はい」と言い「ごめんなさい」と言った瞬間抱き上げられ彼の唇が私の唇と触れ合いました
私は何の抵抗もなく唇のみならず舌までも受け入れてしまいました。


「とんでもないことしちゃいました、本当にごめんなさい」
「いいの、気にしないで、私はあなたの事最近気になっていたんだ」
「ホンと!」
「そうよ、でも私は人妻だからこれ以上はダメ、そういえば部屋にあった熟女AV、
あれ何、おばさんが好きなの」「恵子さんとダブらせてたんだ」
「そうなの、ありがとう」
その日はそれ以上の事はありませんでした。


それから数日後、息子は夏休みの合宿に出掛け主人は相変わらず単身赴任中。
そんな水曜日の事です。私は彼に家に来るように連絡しました。
最後にお食事しようと 私は仕事の帰りに彼の好きそうな食材と少しのお酒を買い、
今まで以上に腕によりをかけて調理していました。20時頃彼は来ました。
「今日はお招きありがとうございます」と
どことなくよそよそしい態度、今までとは明らかに違っていました。
「明日はお休みでしょ、ゆっくりしていってね。私も明日はお休みだから。
あっそう、今日は2人だけだからね。それと先日のこと気にしないでね」
「今日はお仕事疲れたでしょ、お風呂入ってきなさいよ。着替えは買っておいてあげたから」
彼は私の言いなりにお風呂に入りお酒で乾杯し食事をしました。
お酒が入るにつれちょっとエッチなお話も出てきました。食事も大方終わり
「私もお風呂に入ってくるわ」と入浴。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 年下 | 13:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

娘の彼としちゃいました



娘の彼(Aくん)とセックスをしちゃいました。どうしよう。
今日は、パートが休みだったからゆっくり家事をしていました。
お昼前の娘の彼(Aくん)が家に来ました。
「あれ~今日、学校は?」
「今日は休みだから遊びに来ました。」
「娘は学校だよ。」
「そうすっよでね。んじゃ、帰ります。」
「せっかく来たんだから上がっていけば・・・。」
 これが誤りでした。
「さぁ、あがって。」
「んじゃ、おじょまします。」
 若い男の子と二人きりだとドキドキしました。Aくんは部活でラグビーをしているからガッシリした体格。あんな体に抱きしめられたらなんて・・・。
「ちょうどお昼だから何か作るね。」
「すみません。」
 いそいそした気分で簡単な物を作って二人で食べて、片付けも終わって休息時間。学校のこと、進学のことなんかいろいろと話をしました。同じ歳の娘とは、違った感じ。
「あ~そろそろ洗濯物を取り込まないと。」
「手伝いますよ。」
「悪いわね。じゃ手を貸して。」
 二人で二階に上がりベランダへ。久々の晴天だったからたくさんの洗濯物。二人で取り込みました。その中には、私と娘のパンティーも・・・。
「たたむのも手伝って。」
「いいっすよ。」
 今度は二人で洗濯物の整理です。
「たたみ方上手だね。」
「いつも家でやらされてるからですよ。」
「こんなに楽しい時間を過ごせるなら、毎日でも来てもらいたいわ。」
 Aくんの手に私のパンティーが、
「それは、おばさんがやるからいいよ。」
「これは、おばさんの・・・ですか。」
「・・・そうよ。恥ずかしいから貸して。」
「こんなにスケスケすっよ。」
「もう~、早く貸して。」
取り合いになりました。そして、いつの間にかAくんの腕の中にガッシリと抱き締められてしまいました。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 年下 | 19:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【女性のエッチ告白体験談】年下の彼から離れられない



私 まゆこ  40歳 163cm B88 W63 H85 Gカップです
彼 しんや  36歳 180cm ガッチリした感じです。
お互いバツイチです。


出会いはお互いの知り合いの紹介からです。
離婚してからそろそろ3年。彼氏でもほしいなぁと思ったところ、
友人から「いい人いるから 紹介するよ!」と友人の会社の人を紹介してもらいました。

彼も同じくバツイチで彼女が欲しかったようで、同じ境遇でした。
友人を介して食事に行きました。
しばらくぶりに男性と話をして ちょっと舞い上がってしまい色々なことを話したり聞いたりしました。
私は彼を 「優しそうな人だな。話も面白いし、ちょっとHな雰囲気もあるし・・」と思ってました。

後で聞いた話ですが彼も気に入ってくれたようです。その日は食事だけで連絡先を交換して帰りました。

帰ったその日に彼からメールが来ました。
「今日は楽しかったです。まゆこさんがよければまた会って貰えませんか?」と。
私は嬉しくて彼に「こちらこそありがとう☆ 明日の夜は空いているので明日は大丈夫ですよ!」と積極的に
返信しました。

すると彼からほんの数秒で返信が。「明日は大丈夫です! では明日また連絡しますね!」
とやりとりをして布団に入りましたが、私はその夜 嬉しいのと実は彼に抱かれたいっ って思ってしまって、
一人で自分を慰めてしまいました。彼とのHを想像してしまいました・・・ 恥ずかしながらイッてしまいました。

次の日彼に会うと昨日のことを思い出してしまい、終始モジモジしてしまっていて、
ちょっとカラダが疼いてしまっている私がいました。

彼はそれを悟ったのか、先に優しくこう言ってくれました。
「まゆこさんはステキだなぁ・・・ こういう人探していたんだ! 突然だけど今日は一緒にいてくれませんか?」
私はそんな言葉を待っていたかのように「ええ 私も今日は一緒にいたいと思っていたの・・・」と言ってしまいました。

久しぶりに男性と一晩過ごすのと緊張していた私を見て彼は、
「恥ずかしいから ちょっとお酒でも飲もうよ! リラックス リラックス!」と緊張をほぐしてくれました。
私は本当に優しくて気が利くんだんぁ・・・ と感心してしまいました。と同時に 慣れてるなぁ・・・ なんて思ったりして。

近くにあるバーで2~3杯飲んだ後 ホテルに行きました。

ホテルに入るとやっぱり緊張してしまいましたが、
彼が優しく抱きしめてくれました。「まゆこさん 一緒にいてくれてありがとう!」って。
私も「私もありがとう。でもちょっと緊張しちゃう・・・」というと同時に、
彼がキスしてきました。

緊張したものの 「キス上手いっ!?! トロけちゃいそう・・・ 」なんて。
あとはやっぱり「女の扱いに慣れてるっ」なんてちょっと嫉妬も(誰に?って感じですが)
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 年下 | 13:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。