FC2ブログ

女性のエッチ告白体験談集

女性のエッチ告白体験談集を厳選して集めてます。

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ひとみは奴隷



部活の帰りに誘われて、高校のときのクラブの先輩、ゆかりさんの家に遊びに行った時のことです。
先輩の下宿に着くと、そこにはゆかり先輩の他にもしおり先輩やクラブの同級生達が集まっていて、私はビックリしてしまいました。
・・・だって、先輩一人かと思っていたからです。

でも、みんなの様子が少し変なのです。みんなで、なんか恐い顔をして、私のコトを睨んでいたり、中には嫌な薄笑いを浮かべている同級生もいるのです。
私はチョット戸惑って、でもなんとか挨拶をしようとした、その時です。いきなり後ろから、肩を突き飛ばされて、みんなの輪の中に転び込んでしまいました。

「キャーッ!?」

悲鳴を上げながら、起きあがろうともがいた私。
でも、みんなで私の手足や身体を押さえつけて、あっという間に、床の上に大の字にされて、動けないようにされてしまったのです。

ゆかり先輩:
あんたさぁ、生意気なんだよネ。なにさ、ちょっとハクイからって、チヤホヤされてさぁ。ント、ムカツクんだから!

しおり先輩:
今日はさ、ヤキィ入れてやっから、覚悟すんだね!!

同級生の里見:
ゆかり先輩、ひとみって、あたしのカレシに声かけたりするんですよぉ。メチャメチャにしてやって下さい。お願いします。

ゆかり:
そんじゃさぁ、この子、女として生きていけない身体にしちゃおうか!

そんな酷いことを言いながら、私を押さえつけたまま、着ていたノースリーブのTシャツを、捲り上げようとするのです。

「いやぁー! やめてぇー!! 脱がさないでよぉーっ!!」

私は必死に抵抗しようとするのですが、大勢で押さえつけられているので、無駄な足掻きでした。
スルスルとTシャツが脱がされ、ブラジャーだけにされてしまったのです。

大柄な先輩2人で、私の両手を拡げて、押さえつけています。
そしてゆかり先輩が、私の同級生に、大きなハサミを渡して言いました。

「ほら和美、憎いひとみの胸、裸にして見てやりなよ!」

同級生の和美は、私のブラの、カップの真ん中を、いきなりハサミでジョキン!
切り離してしまったのです。
私はAカップなので、そんなに大きくはないのですが、チョット形のいい、美しい胸だと思っています。
その胸を裸にされ、みんなに見られてしまいました。

「あああぁーッ! いやぁぁああぁーーっ!!!」

私の悲鳴に構わず、みんなは「ちっちゃいムネ」とか、「なぁんだ、貧乳じゃん!」なんて笑っているのです。
「こいつのムネ、う~んと虐めてやろうじゃん」なんて言いながら、嘲笑っているのです。

誰かが針を持ってきて、それで私の乳首を突つき回すのです。
私の乳首は、乳房の中に埋まるように突つかれたり、逆にえぐり出すようにされたりして、さんざんな目に遭わされました。

そして最後に、指でしっかりと摘み上げられ──それももの凄く痛かったのですが──横からプスッと、針を突き刺されたのです。

「ギャアアアァァァーッ!!」

私は悲鳴を上げて、そのまま頭の中が、真っ白になってしまいました。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 女同士 | 13:23 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【女性のエッチ告白体験談】女子大のサークルの後輩



女子大のサークルの後輩の家に泊まりにいって買ってきたお酒を飲んでたら
フツーに「先輩の胸って良いカタチしてますよね~」とさわさわ。
他にも一緒に3人後輩が居て「あ、ホントですねすごい良いカタチv」と続けてさわすぁ。
際補は「くすぐったいよ~」とか言ってたんだけど、そのうちに後輩のAちゃんが服の上から乳首をキュッと摘んできたので
思わず「アッ!」って声をあげちゃったのね。
そしたら後輩達がなんだか興奮してしまったらしく
「やだー、今の声なんですか?もっと聞きたいです!」と私を無理矢理押さえ付け始め…。
何しろ二人掛りで両腕を捕まれてるものだから、振りほどけなくて。
二人が私の後ろで両手を押さえてて、もう二人が私の足を開かせながら、服の上から胸をもにもにくりくり。
…そりゃ、感じるっちゅーねーん!!
でもってスカートを捲られてパンツ越しにも指でかりかりっと擽られて…。
「ちょ…、や、めて…!」って言ったら「ええ~~?やめちゃってイイんですかあ~?」と聞き返され…。
そのうちにベッドの脚にストッキングで両手を縛られ、もおそこからは後輩4人に好き放題されちゃったよ…。
「先輩の事、ずっとかわいいな~って思ってたんですよv」ってあっけらかんと言われ
それからも毎月1回は後輩の家で好き放題されてます…orz
普段は私の言う事をちゃんと聞いてくれる、イイ子達なんですよ。
でも月に1回の夜だけは、言うことを聞いてくれません(苦笑)
付き合ってるとはちょっと違うのでスレチかも…。
今度の連休、また呼ばれてるんだよね。
でも可愛い後輩達だから、イイやって思ってます(爆死)

ええ、恥ずかしながらいつも4人がかりで(苦笑)
私が一番年上で、後輩4人は3コ下です。
サークルでは私が指導する立場で、良く懐いてくる可愛い子達です。
4人は皆ちっさくって可愛くて、私は170センチあって男に間違われるよな女なワケでして…。
パッと見は私が女の子を侍らしてるみたいに見えるっぽいですよ。
若いだけあって好奇心旺盛と言うか、手加減を知らないと言うか…。
後輩の家は実家なんだけど、両親と家族が転勤だかで広い家に一人暮らし状態。
風呂に入る時も確実に4人のオモチャ状態。
4人掛かりで体中洗われて、足を開かされて水勢の強いシャワーでぐりぐり。
「先輩、洗っても洗ってもヌルヌルしますよお?」
なにやら彼女達の中では言葉責めがブームらしく、若干M気質のある私にはちょっとタマラン。
リステリンだかモンダミンだかを大量に塗ったら、アソコには絶対に触らないで胸とかお尻とかしか触らない焦らしプレイ。
「先輩、触って欲しい?」「ドコ触って欲しい?」
「ちゃんとおねだりしないと触ってあげないよ~?」
「先輩、自分で足開いて大きな声で私達にお願いしますって出来るよね?」
…お、お前ら敬語使えコンチクショウ!!
恥ずかしいのを堪えておねだりするんだけど、言ってる最中にキスとかしてきてわざと言えなくさせる。
そうすると「今のは聞こえなかったからダメー」と来る。鬼か。
…そして今メールが来た。
「今度の連休のために、今皆でオトナのオモチャ屋さんに買出しにきてます!
 早く先輩に使ってあげたいです☆」
しかも画像付きで(汗)
…え、これ全部使うの…?
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 女同士 | 14:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【女性のエッチ告白体験談】祭り



友達の美樹とバスツァで温泉巡りをしました。夕食はホテルではなく、近くの河原でその温泉町主催のお祭り広場でありました。ツァの人らはみんな添乗員さんから券をもらってさまざまな遊びと各店の出している食事を取りました。(足らない分は手出しです。)静岡市に住んでいる大学生です。お金握りゲームやビンゴ等もありました。
 9時頃祭りも終わり、みんなでゴミの片づけをしました。19歳ぐらいの男の子と一緒に椅子やら飾り付けをなおしました。その子は、大学でお祭り関連ののサークルにはいっており、そのお祭りのお手伝いをする依頼をうけて参加し、太鼓の演奏だけでなくサークルのメンバーは出店の手伝いなどもしたそうです。

片づけも終わって、みんなと離れて三人だけになりました。
「名前はなんていうの?」「童顔ねー」「彼女はいるのー?」と聞きました。かれは、「いませんよ~」といって「年上の女性が好きです」と話していました。それを聞いて、「この後、一緒に遊びに行かない?お酒をおごるよー」と誘いました。三人で、他のメンバーに見つからないように抜け出して、街の飲み屋にいきました。
美樹と代わる代わるお酒を注ぎ、どんどんお酒を飲ましました。かれは、お酒に強いほうではなかったので、最後のほうではフラフラになっていました。美樹と二人はあまり飲まないで、かれだけを潰してしまおうという作戦だったのです。その後、飲み屋を出てラブホテルに行きました。三人でホテルに入るのには抵抗がありましたが、温泉街なのでスムーズにはいれました。

 部屋に入ると、服をむりやり脱がしました。素っ裸にすると、体がガッシリしました。
 二人で体やおちんちんをいやらしく撫でました。いきなり、美樹はキスをしました。しかも、舌を絡めているようで、ねっとりと唾液を飲ませようとして、ながれていました。おちんちんはすっかり勃起し、二人で、「やだー!堅いし、美味しそう~♪」と言って、私は手でこすり、タマちゃんもモミモミしました。かれがあまりに敏感だったので、「Hしたことないのー?」
 と聞きました。恥ずかしそうに、「うん」と答えていました。
美樹と二人でおおはしゃぎで、おちんちんを舐めたり、乳首を噛んだりして弄んだので、かれは思いっきり私の顔に発射しました。そのときには、私も裸になっていたので、服にはかかりませんでした。美樹は飛び散った精液を舐めて「美味しい美味しい」と言っていました。
 その後、かれを四つんばいにさせました。おちんちんがもちあがつていました。犬とおなじでした。私がおちんちんを激しくシコシコし、美樹がかれのアナルを舐めました。
 かれは「ああああ~」と情けない声を出していました。その体勢でかれは射精してしまいました。
 仰向けにさせて、かれのうえの座り、見せ付けて、顔面騎乗しました。「毛の奥がみえる。」かれは興奮して、必死でペロペロと舐めました。美樹は、「もう起っているー」。。美樹が私のおまんこにかれのおちんちんを導き入れて、おちんちんでひっかきました。すぐ私もいってしまいました。美樹は「ひどい。路菜がいってしまつて・・・」と言って、余韻の残っている私を押しのけて、騎上位で挿入し、腰を振っていました。美樹が腰を振ってお尻を浮かしたときに二人のつながっているのがよく見えました。美樹のあそこはべとべとしていて、お尻の穴にまで生えている毛はいやらしく濡れていました。二人は獣のようにうめき声をあげながら快感にもだえていました。
 
 備え付けのコンドームをかれにつけていましたが、いつの間にかとれて、美樹のヘアについていました。「いいのよ~、イっちゃっても!」と美樹は言ってました。かれはすぐにいっていました。美樹はそれに構わずに腰を振り続けるので、かれのおちんちんはまた元気を取り戻して美樹のおまんこをかきまわしていました。
 やっと美樹と交代して、なまのおちんちんを入れて腰をふりました。あたたかいものが入っているので、とてもいい感じです。それからも交代でかれのおちんちんを挿入し、騎乗位でしました。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 女同士 | 14:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。