FC2ブログ

女性のエッチ告白体験談集

女性のエッチ告白体験談集を厳選して集めてます。

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【女性のエッチ告白体験談】男性をお持ち帰り



今から4年前で私が20歳の頃の話です。
当時付き合い始めた彼が、実は二股かけられてたことを知り、
友人と居酒屋に飲みに出かけた。
私は当時ザルだったので、ジョッキ5杯・日本酒・カクテルをチャンポン状態。
友人も失恋直後だったこともあり、2人で愚痴りながらガンガン飲みました。

金曜だったので店内は混み合ってて、カウンターに座っていたのですが、
隣には20代後半位の男性二人が座っていました。
「男なんて性懲りもないよね、やはり浮気するような構造になってるんだよ・・・」
「そうだよね、あたしなんてさ…」

ってな具合で愚痴っていると、突然隣の席の男性が
「そんなことないよ、女だって同じだって」と口を挟んできました。
なんだこの兄さん方は?と思いながら、よくよく話を聞くと、
男性二人も最近女の浮気が原因で別れたばかりという事が判明。

本酔いではないにせよ、酒が入ってハイテンションな私達は負け組同士、
何故か一緒に飲むことに。

男性陣は私達より1時間ほど前から店にいたらしく、
どうやらかなりの量を飲んでる模様。1人は酔ってはいますが、まだ正気。
もう1人はひたすら爆笑してトイレに行くのもまさに千鳥足。

酒の勢いも手伝って、互いの彼・彼女の愚痴り合いから、
次第に試して良かった体位や性感帯について盛りあがってしまい、
友人と男性二人の正気なほうはすっかり二人の世界に…

おいおい、この爆笑男をどうしろと言うのか。
箸が転がってもおかしい年頃というのは聞いたことがあるが、
あんた男だしいい年だろう。しかし爆笑しながらも、話は結構面白い。
泥酔してこれだけ饒舌ということは普段は相当頭がキレる人なのかもしれない。
後からわかった事なのだが、家裁の主事なのだそうだ。

多分四人の中で一番シラフであろう私は、この男性をじっくり観察。
高すぎるテンションに惑わされ、引き気味だったが、
やや薄めの顔の造形とやや低めの声質、何といっても指が綺麗。
体型も細すぎずいい具合の筋肉がついていそう。

い い ん じ ゃ な い か ?

当時セックスにはまり出し、やりたい盛りの私は、この男のカラダに興味津々。
しかしいくらセックス初心者でも、男が泥酔すると勃起しないことくらいは知っていた。

友人達二人はすでに怪しいムードである。
もう1人の男性はニヤニヤしながら
「俺、このコ(友人)送ってくるわ。そいつタクシーに乗せてあげてもらえる?」
うわーお持ち帰りですかw
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 泥酔 | 12:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【女性のエッチ告白体験談】友達のカレと



友達のTちゃんと彼氏K君は付き合っていて、最近仲がうまくいっていないと聞き、
K君の相談に乗ってあげました。
私自身も婚約者がいて、今は式の打ち合わせなど準備で忙しいのですが、
平日の夜だったら時間があったので話を聞くことにしました。
どっちが悪いとも言えない感じで、ずーっと話を聞いてました。

バーのようなところでお酒も飲み、終電の時間に間に合わなくなってしまいました。
タクシーでは遠すぎるし、どうしようと話しているとK君が、
「ホテルで泊まるか・・・」
「えぇっ!?私、婚約してる人いるし、K君もTちゃんがいるじゃん」
「何もしないからさ」
お酒に相当酔っていた私はK君に寄りかかりながら歩いていたくらいで、
早く横になりたい気持ちでいっぱいだったのは事実です。

ホテルに入ると私はすぐにベット中に・・・。
K君はお風呂に入りに行き、しばらくすると出てきました。
私は次の日が休みだったので、お風呂は翌朝に入ろうと思いました。
部屋の冷房をかけたばかりで、少し汗ばむくらいでした。
ベットを半分ずつ使って寝ていましたが、寝ている間に結局・・・
初めは乗り気じゃなかったんですが・・・。

ブラを外され私の小さな胸をやさしく愛撫されました。
乳首を吸ったり、乳首の周りを舌でなぞられたり・・・。
丁寧にしてくれてすごく感じてしまいました。
親友のTちゃんの彼氏に自分の体を見られていると思うと興奮してきました。

あそこがグチョグチョに濡れてきた頃にパンティーの中に手を入れられて指で愛撫・・・
初めは指でパタパタと撫でてきて、時間がたつと激しく擦るように愛撫・・・。
もう少しで「イケそう」だったのですが、残念そこでストップ・・・クンニへ移行・・・。
「あぁっ、お風呂・・・入ってない・・・」
「大丈夫だよ・・・」
K君はクリを下から舐めてきたので自分の
気持ちいいように腰を動かしてしまいました。
「ああんっ・・K君、私・・い、いっちゃうよっ、いきたいのっ!!」
お酒の影響も手伝って、私は腰を浮かせてすぐにイッてしまいました(満足・・・)。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 泥酔 | 16:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【女性のエッチ告白体験談】初めて



主婦33歳夫40歳、結婚10年。子供は二人。
今まで平凡な生活を送っていました。
1年ほど前から私はこの生活に飽き足らないものを感じてきました。
私は夫とはお見合いで、親の言いなりに結婚してしまいました。
中学から短大までのお嬢さん学校で、男の人の免疫なんてとてもとても考えた事もお付き合いすらない人生でした。
そんな私が結婚するのはお見合いしかなかったのです。
何も知らない私がいざ結婚してみると、主婦できるんですね。
子供も大きくなり手が離れてみると、そこから私の転機が始まったのです。
今まで見向きもしなかった女性誌。
夫が買ってくる週刊誌、ビデオやDVD。
なにげなく暇つぶしに読んだり見ていたのです。
そこに繰り広げられている男と女の情事とか関係は只、他所の事、作り物と思っていたものでした。
ただ確かに私の意識が変わる事でもありました。
夫に外に働きに出たいと言ったのもそんな心境の変化のせいでしょう・・・・
子供達に寂しい思いをさせないと言う条件で許可してくれました。
そこで近くの大手のスーパーでパートとして採用されました。
初めてのお勤めと言うこともあり、心配しましたが同じブロックの人達がいい人達ばかりで、楽しく働けました。
パートに出て半年ぐらいしたでしょうか、仲のいい女の子が結婚で退社する事になり、皆で送別会をしてあげることにしたのです。
夫にこのことを話したら「いいよ、行って来いよ。次は休みだろ?たまには破目をはずしてもかまわないぞ!」と言われました。
”破目をはずしてもかまわない・・・・”
どういうことなのか、その時にはあまり気にもしませんでした。
男性4人、女性6人で会は行われました。それはスゴク楽しいものでした。こんな雰囲気の飲み会なんて初めてで、すっかり酔っていました。
話の話題も大人の話と申しましょうか、次第にエッチな方へと進んでいました。
話についていけず只私は聞き入っているだけでした。
あの話やら映像は実際にあることなんだと、私の世間知らずが、はっきりと認識されたのでした。
それと同時に私の身体にある興奮が湧き上がったのでした。
その場に居辛くなり、トイレに行こうと立ち上がったらチョッとよろめいてしまいました。
すかさずマネージャーが私を支えてくれ、「俺もついでに行くから」と支えて付いて来てくれました。
私はこの時、”ドキッ!”としたのです。
実は私はこの「K」さんに片思いしていたのでした。
Kさんは神奈川からの単身赴任です。
身体はガッシリしているけど、とても優しいの・・・・
ちなみに夫は痩せ型で亭主関白・・・・
夫には無いものを持った男性を初めて知り、同時に意識しだすのにそんなに時間は必要ではありませんでした。
私にとっては初めての恋愛だったのです。
私はKさん逢いたさに仕事に行くようなものでした。

トイレに行きすがら、
「1人暮らしは大変でしょ?イロイロと・・・・?」
そしたら彼、
「俺は学生時代4年間1人暮らしをしてたからどうって事無いよ。この会社だとこんな事当たり前だし・・・・でも、あっちの方の色々はチョッとね・・・・」
なんて事言うんです。私次の言葉に詰まってしまい、思わず下を向いてしまいました。顔が火照って赤くなったのが解りました。そしたらKさんは、
「奥さんはホントに初心なんだね。ひょっとして本物の不倫処女?」
なんてことを私の耳元に小声でそっと言うのです。
「えっ、なにっ?」とっさに意味が解らず聞き返しました・「つまり、結婚してから旦那以外の男とエッチした事はないのかな?」
「そっ、そんなこと・・・・当たり前でしょ!」
声が上ずっていました。
『不倫処女』・・・・ドキッ!ドキッ!です。
私は結婚前も結婚後も夫しか男性経験はありません。
「やっぱりな~奥さんカワイイよ!俺口説いちゃおうかな・・・?」
思わず下半身がブルッとし、アソコからジュクッとなるのが解りました。
「知りません・・・」と言いトイレの個室に逃げ込んだのです。
腰を下ろして、どうしてそうなったのか考えてみました。
私にはそれが彼との”もしかしたら・・・”という期待感からこうなったのだと解りました。
パンティーの裏側にはやはり染みがありました。
結婚して初めて夫とは違う「男」を意識したのです。
思わずアソコに指が行ってしまいました。
学生時代にはしていたオナニー・・・・
忘れていた感覚がよみがえり、クリを擦りあげていました。
「アンッ!」
快感に思わず声が出てしまいました。
そしてここはトイレであることを思い出し、用を足して個室を出ました。そして洗面所にはKさんがいたのでビックリしました。まさかまだ居るとは・・・・
もうみんなのところに戻っているものと思っていたものですから・・・・もしかしてさっきの声聞かれちゃったかしら?
そう思うと恥ずかしさで顔がカァーと熱くなってしまいました。
するとKさんはいきなり私を抱きしめて、唇を重ねてきたのです。
「ン・・・・・」
実に何年ぶりかの口づけだったのです。でもその唇は夫の唇ではないのです。
夫以外の男性とのはじめての口づけ・・・・『キッス』
まるで飢(かつ)えたような激しいキスに私の身体は震えてきました。私の耳元で、
「奥さんのセクシーな声を聞いたら俺の息子がこんなになってしまったよ。責任を取って欲しいな・・・・!」
と、私の手首をつかんで彼の股間に押し付けました。
いきなりだったので抵抗も出来ず、手に今まで触れた事の無い、なにやら太くて固い棒状の塊がありました。
それが男性自信だとわかり、「イヤッ!」と言い、その場にうずくまりました。
男性の性器をズボンの上からといっても触れた事自体、私にとっては初めてなのに・・・・・
――ホントに今まで男性器を触った事は無いんです。夫との行為でもそういう事は断っていますし、それ以上に言ってこなくなりました。諦めたんでしょう。幸に夫は淡白の方でしょう・・・・でも、興味と実体験とは相反するものでした―
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

女性のエッチ告白体験談  続きを読む

| 泥酔 | 15:11 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。